野菜宅配・通販は九州野菜王国へ!!
熊本県産中心の九州、熊本の有機野菜や減農薬野菜を全品目放射性物質検査を行い、収穫後最短1日で 熊本から新鮮な状態で宅配。心から安心して子供にも食べさせられる野菜を責任をもってご自宅まで宅配いたします。

パスワード変更のお知らせ

マイページ

新規登録

初めての方へ

商品一覧

塩たまちゃん

塩トマト

熊本デコ蜜柑

和食

塩たまちゃんドレッシング

塩たまちゃんディップ

塩たまちゃんギフト

海苔

心から安心のお約束

九州元気野菜くらぶ 詳しくは

  • 生産者のご紹介
  • お客様の声
  • レシピ
  • よくあるご質問
  • 九州野菜王国スタッフブログ

品目リスト

4月27日(金)出荷分【予定】

【2018年4月から5月の営業日について】
出荷日の変更がございます。
▼▼▼必ずお読みください▼▼▼

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。

仕入れ担当の山野です。
4月27日(金)出荷分【予定】お野菜の品目/栽培基準 をご案内いたします。

※天候の影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。
※個別でご対応させていただいているお客様には、別のお野菜をお入れしてお届けいたしますので、お手元の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
また、品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

【10品目】

1.白菜1/4カット/低薬低化(3割)
カロテンを含む野菜と合わせて食べれば、がん予防効果アップ!肝機能を高めたければ、ビタミンB1を一緒に摂取すると効果アップ!癖がないのでどんな野菜とも相性がいいのも魅力の1つです。

2.新じゃがいも/不薬不化
九州では、春先に新じゃがいもの収穫が始まります。水分が多く、皮が薄いのが特徴で、皮をむかずにそのまま、じゃがバターやスープにして食べるのがおすすめです。

3.グリーンピース/低薬低化(3割)
マメ科の野菜エンドウの未熟の種子を食用としたものである。青実用エンドウ。またアオエンドウ、ミエンドウとも称する。旬は晩春から初夏。

4.水菜/低薬低化(3割)
豊富にくるまれる葉緑素には、体内の細胞や血液を酸化させる有害物質を解毒する作用があり、造血効果もあります。美肌づくりに効果のある、ポリフェノール群は女性にうれしい葉野菜です。

5.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

6.グミニー/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

7.菌床しいたけ/不薬低化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

8.ニラ/低薬低化(3割)
カロテンは脂質と合わせると吸収が良いので、お浸しにごま油をかけるといいです。根本の白い部分には、アリシンが葉先の約4倍含まれているので、切り捨てず、活用してください。

9.筑陽ナス/低薬低化(3割)
長ナスよりもやや緻密で、煮炊きのほか漬物用にも最適です。また、揚げなすにし、冷凍しておくと保存がきくためちょっとした付け合わせや、手軽に1品に変身するので、おススメです。

10.サラダほうれん草/低薬低化
サラダほうれん草は、鉄、βカロチン・ビタミンCが豊富な緑黄色野菜で、とても栄養価が高い健康野菜です。大変消化がいいのも特徴ですのでお子様にも安心して食べさせてあげられます♪

—————————————————————


塩たまちゃん

塩トマト

塩たまちゃんドレッシング

デコ蜜柑


—————————————————————

【13品目】

1.白菜1/4カット/低薬低化(3割)
カロテンを含む野菜と合わせて食べれば、がん予防効果アップ!肝機能を高めたければ、ビタミンB1を一緒に摂取すると効果アップ!癖がないのでどんな野菜とも相性がいいのも魅力の1つです。

2.新じゃがいも/不薬不化
九州では、春先に新じゃがいもの収穫が始まります。水分が多く、皮が薄いのが特徴で、皮をむかずにそのまま、じゃがバターやスープにして食べるのがおすすめです。

3.グリーンピース/低薬低化(3割)
マメ科の野菜エンドウの未熟の種子を食用としたものである。青実用エンドウ。またアオエンドウ、ミエンドウとも称する。旬は晩春から初夏。

4.水菜/低薬低化(3割)
豊富にくるまれる葉緑素には、体内の細胞や血液を酸化させる有害物質を解毒する作用があり、造血効果もあります。美肌づくりに効果のある、ポリフェノール群は女性にうれしい葉野菜です。

5.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

6.グミニー/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

7.菌床しいたけ/不薬低化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

8.ニラ/低薬低化(3割)
カロテンは脂質と合わせると吸収が良いので、お浸しにごま油をかけるといいです。根本の白い部分には、アリシンが葉先の約4倍含まれているので、切り捨てず、活用してください。

9.筑陽ナス/低薬低化(3割)
長ナスよりもやや緻密で、煮炊きのほか漬物用にも最適です。また、揚げなすにし、冷凍しておくと保存がきくためちょっとした付け合わせや、手軽に1品に変身するので、おススメです。

10.サラダほうれん草/低薬低化
サラダほうれん草は、鉄、βカロチン・ビタミンCが豊富な緑黄色野菜で、とても栄養価が高い健康野菜です。大変消化がいいのも特徴ですのでお子様にも安心して食べさせてあげられます♪

11.サニーレタス/不薬不化
レタスに比べて栄養価が高く、特にβカロテンは10倍以上も多く含まれています。生食として食べられることが多いですが、お肉と一緒に食べるのもおすすめです。

12.グリーンボール1/2カット/低薬低化
キャベツよりカロチンやビタミンCなどを多く含んでいます。葉は柔軟性があり肉厚で、生食に適しています。しっかり繊維もあるので、ロールキャベツも煮崩れせず作れます。

13.チンゲン菜/低薬低化(3割)
カロテンやビタミンCの他にも、カルシウムや鉄などのミネラル成分も多く含まれる、栄養価の高い野菜です。茎の独特の食感を活かすには、剥がした葉を縦に切るのがおすすめです。

—————————————————————

【15品目】

1.白菜1/4カット/低薬低化(3割)
カロテンを含む野菜と合わせて食べれば、がん予防効果アップ!肝機能を高めたければ、ビタミンB1を一緒に摂取すると効果アップ!癖がないのでどんな野菜とも相性がいいのも魅力の1つです。

2.新じゃがいも/不薬不化
九州では、春先に新じゃがいもの収穫が始まります。水分が多く、皮が薄いのが特徴で、皮をむかずにそのまま、じゃがバターやスープにして食べるのがおすすめです。

3.グリーンピース/低薬低化(3割)
マメ科の野菜エンドウの未熟の種子を食用としたものである。青実用エンドウ。またアオエンドウ、ミエンドウとも称する。旬は晩春から初夏。

4.水菜/低薬低化(3割)
豊富にくるまれる葉緑素には、体内の細胞や血液を酸化させる有害物質を解毒する作用があり、造血効果もあります。美肌づくりに効果のある、ポリフェノール群は女性にうれしい葉野菜です。

5.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

6.グミニー/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

7.菌床しいたけ/不薬低化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

8.ニラ/低薬低化(3割)
カロテンは脂質と合わせると吸収が良いので、お浸しにごま油をかけるといいです。根本の白い部分には、アリシンが葉先の約4倍含まれているので、切り捨てず、活用してください。

9.筑陽ナス/低薬低化(3割)
長ナスよりもやや緻密で、煮炊きのほか漬物用にも最適です。また、揚げなすにし、冷凍しておくと保存がきくためちょっとした付け合わせや、手軽に1品に変身するので、おススメです。

10.サラダほうれん草/低薬低化
サラダほうれん草は、鉄、βカロチン・ビタミンCが豊富な緑黄色野菜で、とても栄養価が高い健康野菜です。大変消化がいいのも特徴ですのでお子様にも安心して食べさせてあげられます♪

11.サニーレタス/不薬不化
レタスに比べて栄養価が高く、特にβカロテンは10倍以上も多く含まれています。生食として食べられることが多いですが、お肉と一緒に食べるのもおすすめです。

12.グリーンボール1/2カット/低薬低化
キャベツよりカロチンやビタミンCなどを多く含んでいます。葉は柔軟性があり肉厚で、生食に適しています。しっかり繊維もあるので、ロールキャベツも煮崩れせず作れます。

13.チンゲン菜/低薬低化(3割)
カロテンやビタミンCの他にも、カルシウムや鉄などのミネラル成分も多く含まれる、栄養価の高い野菜です。茎の独特の食感を活かすには、剥がした葉を縦に切るのがおすすめです。

14.生きくらげ/不薬低化
コリコリ・プリプリした食感を楽しめます。鉄分、食物繊維が豊富なきのこ。また、ビタミンDの宝庫で、骨の形成を促し骨粗鬆症の予防や免疫力を高めたり、ガン予防に大きく効果があります。

15.アスパラガス(緑/紫)/低薬低化(3割)
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

—————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

九州野菜王国 

4月26日(木)出荷分

【2018年4月から5月の営業日について】
出荷日の変更がございます。
▼▼▼必ずお読みください▼▼▼

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。

仕入れ担当の山野です。
4月26日(木)出荷分お野菜の品目/栽培基準 をご案内いたします。

※天候の影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。
※個別でご対応させていただいているお客様には、別のお野菜をお入れしてお届けいたしますので、お手元の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
また、品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

【10品目】

1.白菜1/4カット/低薬低化(3割)
カロテンを含む野菜と合わせて食べれば、がん予防効果アップ!肝機能を高めたければ、ビタミンB1を一緒に摂取すると効果アップ!癖がないのでどんな野菜とも相性がいいのも魅力の1つです。

2.新じゃがいも/不薬不化
九州では、春先に新じゃがいもの収穫が始まります。水分が多く、皮が薄いのが特徴で、皮をむかずにそのまま、じゃがバターやスープにして食べるのがおすすめです。

3.グリーンピース/低薬低化(3割)
マメ科の野菜エンドウの未熟の種子を食用としたものである。青実用エンドウ。またアオエンドウ、ミエンドウとも称する。旬は晩春から初夏。

4.水菜/低薬低化(3割)
豊富にくるまれる葉緑素には、体内の細胞や血液を酸化させる有害物質を解毒する作用があり、造血効果もあります。美肌づくりに効果のある、ポリフェノール群は女性にうれしい葉野菜です。

5.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

6.グミニー/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

7.菌床しいたけ/不薬低化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

8.ニラ/低薬低化(3割)
カロテンは脂質と合わせると吸収が良いので、お浸しにごま油をかけるといいです。根本の白い部分には、アリシンが葉先の約4倍含まれているので、切り捨てず、活用してください。

9.筑陽ナス/低薬低化(3割)
長ナスよりもやや緻密で、煮炊きのほか漬物用にも最適です。また、揚げなすにし、冷凍しておくと保存がきくためちょっとした付け合わせや、手軽に1品に変身するので、おススメです。

10.サラダほうれん草/低薬低化
サラダほうれん草は、鉄、βカロチン・ビタミンCが豊富な緑黄色野菜で、とても栄養価が高い健康野菜です。大変消化がいいのも特徴ですのでお子様にも安心して食べさせてあげられます♪

—————————————————————


塩たまちゃん

塩トマト

塩たまちゃんドレッシング

デコ蜜柑


—————————————————————

【13品目】

1.白菜1/4カット/低薬低化(3割)
カロテンを含む野菜と合わせて食べれば、がん予防効果アップ!肝機能を高めたければ、ビタミンB1を一緒に摂取すると効果アップ!癖がないのでどんな野菜とも相性がいいのも魅力の1つです。

2.新じゃがいも/不薬不化
九州では、春先に新じゃがいもの収穫が始まります。水分が多く、皮が薄いのが特徴で、皮をむかずにそのまま、じゃがバターやスープにして食べるのがおすすめです。

3.グリーンピース/低薬低化(3割)
マメ科の野菜エンドウの未熟の種子を食用としたものである。青実用エンドウ。またアオエンドウ、ミエンドウとも称する。旬は晩春から初夏。

4.水菜/低薬低化(3割)
豊富にくるまれる葉緑素には、体内の細胞や血液を酸化させる有害物質を解毒する作用があり、造血効果もあります。美肌づくりに効果のある、ポリフェノール群は女性にうれしい葉野菜です。

5.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

6.グミニー/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

7.菌床しいたけ/不薬低化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

8.ニラ/低薬低化(3割)
カロテンは脂質と合わせると吸収が良いので、お浸しにごま油をかけるといいです。根本の白い部分には、アリシンが葉先の約4倍含まれているので、切り捨てず、活用してください。

9.筑陽ナス/低薬低化(3割)
長ナスよりもやや緻密で、煮炊きのほか漬物用にも最適です。また、揚げなすにし、冷凍しておくと保存がきくためちょっとした付け合わせや、手軽に1品に変身するので、おススメです。

10.サラダほうれん草/低薬低化
サラダほうれん草は、鉄、βカロチン・ビタミンCが豊富な緑黄色野菜で、とても栄養価が高い健康野菜です。大変消化がいいのも特徴ですのでお子様にも安心して食べさせてあげられます♪

11.サニーレタス/不薬不化
レタスに比べて栄養価が高く、特にβカロテンは10倍以上も多く含まれています。生食として食べられることが多いですが、お肉と一緒に食べるのもおすすめです。

12.グリーンボール1/2カット/低薬低化
キャベツよりカロチンやビタミンCなどを多く含んでいます。葉は柔軟性があり肉厚で、生食に適しています。しっかり繊維もあるので、ロールキャベツも煮崩れせず作れます。

13.チンゲン菜/低薬低化(3割)
カロテンやビタミンCの他にも、カルシウムや鉄などのミネラル成分も多く含まれる、栄養価の高い野菜です。茎の独特の食感を活かすには、剥がした葉を縦に切るのがおすすめです。

—————————————————————

【15品目】

1.白菜1/4カット/低薬低化(3割)
カロテンを含む野菜と合わせて食べれば、がん予防効果アップ!肝機能を高めたければ、ビタミンB1を一緒に摂取すると効果アップ!癖がないのでどんな野菜とも相性がいいのも魅力の1つです。

2.新じゃがいも/不薬不化
九州では、春先に新じゃがいもの収穫が始まります。水分が多く、皮が薄いのが特徴で、皮をむかずにそのまま、じゃがバターやスープにして食べるのがおすすめです。

3.グリーンピース/低薬低化(3割)
マメ科の野菜エンドウの未熟の種子を食用としたものである。青実用エンドウ。またアオエンドウ、ミエンドウとも称する。旬は晩春から初夏。

4.水菜/低薬低化(3割)
豊富にくるまれる葉緑素には、体内の細胞や血液を酸化させる有害物質を解毒する作用があり、造血効果もあります。美肌づくりに効果のある、ポリフェノール群は女性にうれしい葉野菜です。

5.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

6.グミニー/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

7.菌床しいたけ/不薬低化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

8.ニラ/低薬低化(3割)
カロテンは脂質と合わせると吸収が良いので、お浸しにごま油をかけるといいです。根本の白い部分には、アリシンが葉先の約4倍含まれているので、切り捨てず、活用してください。

9.筑陽ナス/低薬低化(3割)
長ナスよりもやや緻密で、煮炊きのほか漬物用にも最適です。また、揚げなすにし、冷凍しておくと保存がきくためちょっとした付け合わせや、手軽に1品に変身するので、おススメです。

10.サラダほうれん草/低薬低化
サラダほうれん草は、鉄、βカロチン・ビタミンCが豊富な緑黄色野菜で、とても栄養価が高い健康野菜です。大変消化がいいのも特徴ですのでお子様にも安心して食べさせてあげられます♪

11.サニーレタス/不薬不化
レタスに比べて栄養価が高く、特にβカロテンは10倍以上も多く含まれています。生食として食べられることが多いですが、お肉と一緒に食べるのもおすすめです。

12.グリーンボール1/2カット/低薬低化
キャベツよりカロチンやビタミンCなどを多く含んでいます。葉は柔軟性があり肉厚で、生食に適しています。しっかり繊維もあるので、ロールキャベツも煮崩れせず作れます。

13.チンゲン菜/低薬低化(3割)
カロテンやビタミンCの他にも、カルシウムや鉄などのミネラル成分も多く含まれる、栄養価の高い野菜です。茎の独特の食感を活かすには、剥がした葉を縦に切るのがおすすめです。

14.生きくらげ/不薬低化
コリコリ・プリプリした食感を楽しめます。鉄分、食物繊維が豊富なきのこ。また、ビタミンDの宝庫で、骨の形成を促し骨粗鬆症の予防や免疫力を高めたり、ガン予防に大きく効果があります。

15.アスパラガス(緑/紫)/低薬低化(3割)
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

—————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

九州野菜王国 

4月24日(火)出荷分

【2018年4月から5月の営業日について】
出荷日の変更がございます。
▼▼▼必ずお読みください▼▼▼

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。

仕入れ担当の山野です。
4月24日(火)出荷分お野菜の品目/栽培基準 をご案内いたします。

※天候の影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。
※個別でご対応させていただいているお客様には、別のお野菜をお入れしてお届けいたしますので、お手元の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
また、品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

【10品目】

1.白菜1/4カット/低薬低化(3割)
カロテンを含む野菜と合わせて食べれば、がん予防効果アップ!肝機能を高めたければ、ビタミンB1を一緒に摂取すると効果アップ!癖がないのでどんな野菜とも相性がいいのも魅力の1つです。

2.新じゃがいも/不薬不化
九州では、春先に新じゃがいもの収穫が始まります。水分が多く、皮が薄いのが特徴で、皮をむかずにそのまま、じゃがバターやスープにして食べるのがおすすめです。

3.スナップエンドウ/低薬低化(3割)
さやが柔らかく、さやと豆の両方を食べることが出来ます。さやは肉厚で甘みが強いですが、硬いスジがあります。さっと塩茹ですると鮮やかな緑と甘みが楽しめます。

または

3.グリーンピース/低薬低化(3割)
マメ科の野菜エンドウの未熟の種子を食用としたものである。青実用エンドウ。またアオエンドウ、ミエンドウとも称する。旬は晩春から初夏。

4.水菜/低薬低化(3割)
豊富にくるまれる葉緑素には、体内の細胞や血液を酸化させる有害物質を解毒する作用があり、造血効果もあります。美肌づくりに効果のある、ポリフェノール群は女性にうれしい葉野菜です。

5.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

6.グミニー/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

または

6.トマトベリー/低薬低化
イチゴのようなかわいいハート形をした直径約3センチのミニトマト。甘く肉厚な食感を楽しめます。フルーツ・スウィーツ感覚で召し上がりください!!

7.菌床しいたけ/不薬低化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

8.ニラ/低薬低化(3割)
カロテンは脂質と合わせると吸収が良いので、お浸しにごま油をかけるといいです。根本の白い部分には、アリシンが葉先の約4倍含まれているので、切り捨てず、活用してください。

9.筑陽ナス/低薬低化(3割)
長ナスよりもやや緻密で、煮炊きのほか漬物用にも最適です。また、揚げなすにし、冷凍しておくと保存がきくためちょっとした付け合わせや、手軽に1品に変身するので、おススメです。

10.サラダほうれん草/低薬低化
サラダほうれん草は、鉄、βカロチン・ビタミンCが豊富な緑黄色野菜で、とても栄養価が高い健康野菜です。大変消化がいいのも特徴ですのでお子様にも安心して食べさせてあげられます♪

—————————————————————


塩たまちゃん

塩トマト

塩たまちゃんドレッシング

デコ蜜柑


—————————————————————

【13品目】

1.白菜1/4カット/低薬低化(3割)
カロテンを含む野菜と合わせて食べれば、がん予防効果アップ!肝機能を高めたければ、ビタミンB1を一緒に摂取すると効果アップ!癖がないのでどんな野菜とも相性がいいのも魅力の1つです。

2.新じゃがいも/不薬不化
九州では、春先に新じゃがいもの収穫が始まります。水分が多く、皮が薄いのが特徴で、皮をむかずにそのまま、じゃがバターやスープにして食べるのがおすすめです。

3.スナップエンドウ/低薬低化(3割)
さやが柔らかく、さやと豆の両方を食べることが出来ます。さやは肉厚で甘みが強いですが、硬いスジがあります。さっと塩茹ですると鮮やかな緑と甘みが楽しめます。

4.水菜/低薬低化(3割)
豊富にくるまれる葉緑素には、体内の細胞や血液を酸化させる有害物質を解毒する作用があり、造血効果もあります。美肌づくりに効果のある、ポリフェノール群は女性にうれしい葉野菜です。

5.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

6.グミニー/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

7.菌床しいたけ/不薬低化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

8.ニラ/低薬低化(3割)
カロテンは脂質と合わせると吸収が良いので、お浸しにごま油をかけるといいです。根本の白い部分には、アリシンが葉先の約4倍含まれているので、切り捨てず、活用してください。

9.筑陽ナス/低薬低化(3割)
長ナスよりもやや緻密で、煮炊きのほか漬物用にも最適です。また、揚げなすにし、冷凍しておくと保存がきくためちょっとした付け合わせや、手軽に1品に変身するので、おススメです。

10.サラダほうれん草/低薬低化
サラダほうれん草は、鉄、βカロチン・ビタミンCが豊富な緑黄色野菜で、とても栄養価が高い健康野菜です。大変消化がいいのも特徴ですのでお子様にも安心して食べさせてあげられます♪

11.サニーレタス/不薬不化
レタスに比べて栄養価が高く、特にβカロテンは10倍以上も多く含まれています。生食として食べられることが多いですが、お肉と一緒に食べるのもおすすめです。

12.グリーンボール1/2カット/低薬低化
キャベツよりカロチンやビタミンCなどを多く含んでいます。葉は柔軟性があり肉厚で、生食に適しています。しっかり繊維もあるので、ロールキャベツも煮崩れせず作れます。

13.チンゲン菜/低薬低化(3割)
カロテンやビタミンCの他にも、カルシウムや鉄などのミネラル成分も多く含まれる、栄養価の高い野菜です。茎の独特の食感を活かすには、剥がした葉を縦に切るのがおすすめです。

—————————————————————

【15品目】

1.白菜1/4カット/低薬低化(3割)
カロテンを含む野菜と合わせて食べれば、がん予防効果アップ!肝機能を高めたければ、ビタミンB1を一緒に摂取すると効果アップ!癖がないのでどんな野菜とも相性がいいのも魅力の1つです。

2.新じゃがいも/不薬不化
九州では、春先に新じゃがいもの収穫が始まります。水分が多く、皮が薄いのが特徴で、皮をむかずにそのまま、じゃがバターやスープにして食べるのがおすすめです。

3.スナップエンドウ/低薬低化(3割)
さやが柔らかく、さやと豆の両方を食べることが出来ます。さやは肉厚で甘みが強いですが、硬いスジがあります。さっと塩茹ですると鮮やかな緑と甘みが楽しめます。

4.水菜/低薬低化(3割)
豊富にくるまれる葉緑素には、体内の細胞や血液を酸化させる有害物質を解毒する作用があり、造血効果もあります。美肌づくりに効果のある、ポリフェノール群は女性にうれしい葉野菜です。

5.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

6.グミニー/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

7.菌床しいたけ/不薬低化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

8.ニラ/低薬低化(3割)
カロテンは脂質と合わせると吸収が良いので、お浸しにごま油をかけるといいです。根本の白い部分には、アリシンが葉先の約4倍含まれているので、切り捨てず、活用してください。

9.筑陽ナス/低薬低化(3割)
長ナスよりもやや緻密で、煮炊きのほか漬物用にも最適です。また、揚げなすにし、冷凍しておくと保存がきくためちょっとした付け合わせや、手軽に1品に変身するので、おススメです。

10.サラダほうれん草/低薬低化
サラダほうれん草は、鉄、βカロチン・ビタミンCが豊富な緑黄色野菜で、とても栄養価が高い健康野菜です。大変消化がいいのも特徴ですのでお子様にも安心して食べさせてあげられます♪

11.サニーレタス/不薬不化
レタスに比べて栄養価が高く、特にβカロテンは10倍以上も多く含まれています。生食として食べられることが多いですが、お肉と一緒に食べるのもおすすめです。

12.グリーンボール1/2カット/低薬低化
キャベツよりカロチンやビタミンCなどを多く含んでいます。葉は柔軟性があり肉厚で、生食に適しています。しっかり繊維もあるので、ロールキャベツも煮崩れせず作れます。

13.チンゲン菜/低薬低化(3割)
カロテンやビタミンCの他にも、カルシウムや鉄などのミネラル成分も多く含まれる、栄養価の高い野菜です。茎の独特の食感を活かすには、剥がした葉を縦に切るのがおすすめです。

14.生きくらげ/不薬低化
コリコリ・プリプリした食感を楽しめます。鉄分、食物繊維が豊富なきのこ。また、ビタミンDの宝庫で、骨の形成を促し骨粗鬆症の予防や免疫力を高めたり、ガン予防に大きく効果があります。

15.アスパラガス(緑/紫)/低薬低化(3割)
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

—————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

九州野菜王国 

4月23日(月)出荷分

【2018年4月から5月の営業日について】
出荷日の変更がございます。
▼▼▼必ずお読みください▼▼▼

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。

仕入れ担当の山野です。
4月23日(月)出荷分お野菜の品目/栽培基準 をご案内いたします。

※天候の影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。
※個別でご対応させていただいているお客様には、別のお野菜をお入れしてお届けいたしますので、お手元の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
また、品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

【10品目】

1.白菜1/4カット/低薬低化(3割)
カロテンを含む野菜と合わせて食べれば、がん予防効果アップ!肝機能を高めたければ、ビタミンB1を一緒に摂取すると効果アップ!癖がないのでどんな野菜とも相性がいいのも魅力の1つです。

2.新じゃがいも/不薬不化
九州では、春先に新じゃがいもの収穫が始まります。水分が多く、皮が薄いのが特徴で、皮をむかずにそのまま、じゃがバターやスープにして食べるのがおすすめです。

3.スナップエンドウ/低薬低化(3割)
さやが柔らかく、さやと豆の両方を食べることが出来ます。さやは肉厚で甘みが強いですが、硬いスジがあります。さっと塩茹ですると鮮やかな緑と甘みが楽しめます。

4.水菜/低薬低化(3割)
豊富にくるまれる葉緑素には、体内の細胞や血液を酸化させる有害物質を解毒する作用があり、造血効果もあります。美肌づくりに効果のある、ポリフェノール群は女性にうれしい葉野菜です。

5.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

6.グミニー/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

7.菌床しいたけ/不薬低化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

8.ニラ/低薬低化(3割)
カロテンは脂質と合わせると吸収が良いので、お浸しにごま油をかけるといいです。根本の白い部分には、アリシンが葉先の約4倍含まれているので、切り捨てず、活用してください。

9.筑陽ナス/低薬低化(3割)
長ナスよりもやや緻密で、煮炊きのほか漬物用にも最適です。また、揚げなすにし、冷凍しておくと保存がきくためちょっとした付け合わせや、手軽に1品に変身するので、おススメです。

10.サラダほうれん草/低薬低化
サラダほうれん草は、鉄、βカロチン・ビタミンCが豊富な緑黄色野菜で、とても栄養価が高い健康野菜です。大変消化がいいのも特徴ですのでお子様にも安心して食べさせてあげられます♪

—————————————————————


塩たまちゃん

塩トマト

塩たまちゃんドレッシング

デコ蜜柑


—————————————————————

【13品目】

1.白菜1/4カット/低薬低化(3割)
カロテンを含む野菜と合わせて食べれば、がん予防効果アップ!肝機能を高めたければ、ビタミンB1を一緒に摂取すると効果アップ!癖がないのでどんな野菜とも相性がいいのも魅力の1つです。

2.新じゃがいも/不薬不化
九州では、春先に新じゃがいもの収穫が始まります。水分が多く、皮が薄いのが特徴で、皮をむかずにそのまま、じゃがバターやスープにして食べるのがおすすめです。

3.スナップエンドウ/低薬低化(3割)
さやが柔らかく、さやと豆の両方を食べることが出来ます。さやは肉厚で甘みが強いですが、硬いスジがあります。さっと塩茹ですると鮮やかな緑と甘みが楽しめます。

4.水菜/低薬低化(3割)
豊富にくるまれる葉緑素には、体内の細胞や血液を酸化させる有害物質を解毒する作用があり、造血効果もあります。美肌づくりに効果のある、ポリフェノール群は女性にうれしい葉野菜です。

5.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

6.グミニー/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

7.菌床しいたけ/不薬低化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

8.ニラ/低薬低化(3割)
カロテンは脂質と合わせると吸収が良いので、お浸しにごま油をかけるといいです。根本の白い部分には、アリシンが葉先の約4倍含まれているので、切り捨てず、活用してください。

9.筑陽ナス/低薬低化(3割)
長ナスよりもやや緻密で、煮炊きのほか漬物用にも最適です。また、揚げなすにし、冷凍しておくと保存がきくためちょっとした付け合わせや、手軽に1品に変身するので、おススメです。

10.サラダほうれん草/低薬低化
サラダほうれん草は、鉄、βカロチン・ビタミンCが豊富な緑黄色野菜で、とても栄養価が高い健康野菜です。大変消化がいいのも特徴ですのでお子様にも安心して食べさせてあげられます♪

11.サニーレタス/不薬不化
レタスに比べて栄養価が高く、特にβカロテンは10倍以上も多く含まれています。生食として食べられることが多いですが、お肉と一緒に食べるのもおすすめです。

12.グリーンボール1/2カット/低薬低化
キャベツよりカロチンやビタミンCなどを多く含んでいます。葉は柔軟性があり肉厚で、生食に適しています。しっかり繊維もあるので、ロールキャベツも煮崩れせず作れます。

13.チンゲン菜/低薬低化(3割)
カロテンやビタミンCの他にも、カルシウムや鉄などのミネラル成分も多く含まれる、栄養価の高い野菜です。茎の独特の食感を活かすには、剥がした葉を縦に切るのがおすすめです。

—————————————————————

【15品目】

1.白菜1/4カット/低薬低化(3割)
カロテンを含む野菜と合わせて食べれば、がん予防効果アップ!肝機能を高めたければ、ビタミンB1を一緒に摂取すると効果アップ!癖がないのでどんな野菜とも相性がいいのも魅力の1つです。

2.新じゃがいも/不薬不化
九州では、春先に新じゃがいもの収穫が始まります。水分が多く、皮が薄いのが特徴で、皮をむかずにそのまま、じゃがバターやスープにして食べるのがおすすめです。

3.スナップエンドウ/低薬低化(3割)
さやが柔らかく、さやと豆の両方を食べることが出来ます。さやは肉厚で甘みが強いですが、硬いスジがあります。さっと塩茹ですると鮮やかな緑と甘みが楽しめます。

4.水菜/低薬低化(3割)
豊富にくるまれる葉緑素には、体内の細胞や血液を酸化させる有害物質を解毒する作用があり、造血効果もあります。美肌づくりに効果のある、ポリフェノール群は女性にうれしい葉野菜です。

5.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

6.グミニー/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

7.菌床しいたけ/不薬低化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

8.ニラ/低薬低化(3割)
カロテンは脂質と合わせると吸収が良いので、お浸しにごま油をかけるといいです。根本の白い部分には、アリシンが葉先の約4倍含まれているので、切り捨てず、活用してください。

9.筑陽ナス/低薬低化(3割)
長ナスよりもやや緻密で、煮炊きのほか漬物用にも最適です。また、揚げなすにし、冷凍しておくと保存がきくためちょっとした付け合わせや、手軽に1品に変身するので、おススメです。

10.サラダほうれん草/低薬低化
サラダほうれん草は、鉄、βカロチン・ビタミンCが豊富な緑黄色野菜で、とても栄養価が高い健康野菜です。大変消化がいいのも特徴ですのでお子様にも安心して食べさせてあげられます♪

11.サニーレタス/不薬不化
レタスに比べて栄養価が高く、特にβカロテンは10倍以上も多く含まれています。生食として食べられることが多いですが、お肉と一緒に食べるのもおすすめです。

12.グリーンボール1/2カット/低薬低化
キャベツよりカロチンやビタミンCなどを多く含んでいます。葉は柔軟性があり肉厚で、生食に適しています。しっかり繊維もあるので、ロールキャベツも煮崩れせず作れます。

13.チンゲン菜/低薬低化(3割)
カロテンやビタミンCの他にも、カルシウムや鉄などのミネラル成分も多く含まれる、栄養価の高い野菜です。茎の独特の食感を活かすには、剥がした葉を縦に切るのがおすすめです。

14.生きくらげ/不薬低化
コリコリ・プリプリした食感を楽しめます。鉄分、食物繊維が豊富なきのこ。また、ビタミンDの宝庫で、骨の形成を促し骨粗鬆症の予防や免疫力を高めたり、ガン予防に大きく効果があります。

15.アスパラガス(緑/紫)/低薬低化(3割)
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

—————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

九州野菜王国 

4月20日(金)出荷分

【2018年4月から5月の営業日について】
出荷日の変更がございます。
▼▼▼必ずお読みください▼▼▼

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。

仕入れ担当の山野です。
4月20日(金)出荷分お野菜の品目/栽培基準 をご案内いたします。

※天候の影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。
※個別でご対応させていただいているお客様には、別のお野菜をお入れしてお届けいたしますので、お手元の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
また、品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

【10品目】

1.大根/低薬低化
肉や魚へ添えてある大根おろしには、消化を助け、食物繊維の働きで大腸ガン予防につながります。味のしみた美味しさを楽しむならば、軽く干したり、冷凍したものを使用すると短時間で味が染みます。

2.人参/低薬低化
抗酸化作用の働きで、がんや老化を予防するといわれているβカロテンとビタミンCの効力を持つ栄養豊富な緑黄食野菜です。風邪予防、美肌にも効果的です。

3.紅はるか/低薬低化
糖度が高く、強い甘みがありますが、後味はすっきりとしています。焼き芋や蒸し芋で食べるのがおすすめです。レモンや苺と一緒に摂ることで美肌やストレス解消に効果があります。

4.ピーマン/不薬不化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

または

4.ブロッコリー/低薬低化(3割)
熊本県産のブロッコリーです。豊富な食物繊維やβカロテン、ビタミンCを多く含み美肌効果もとても高いです。茹でる時に油大さじ1を加えるとビタミンの流失を防ぎます。

5.新玉葱/低薬低化(3割)
何にでも使える万能野菜、玉葱!良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ホワイトしめじ/不薬低化
プルンとした食感を楽めます。また、シジミの約5~7倍ものオルニチンが含まれているので、肝臓の代謝や解毒作用をサポートしてくれます。癖がないので、いろいろな料理に活用ください。

8.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

9.ミニトマト/低薬低化
赤い色素に含まれるリコピンは、ガンや動脈硬化の予防に効果が高いです。ごまや落花生と一緒に調理すると効果的に摂ることができます。りんごやオレンジと一緒に摂ると、疲労回復に◎。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

—————————————————————


塩たまちゃん

塩トマト

塩たまちゃんドレッシング

デコ蜜柑


—————————————————————

【13品目】

1.大根/低薬低化
肉や魚へ添えてある大根おろしには、消化を助け、食物繊維の働きで大腸ガン予防につながります。味のしみた美味しさを楽しむならば、軽く干したり、冷凍したものを使用すると短時間で味が染みます。

2.人参/低薬低化
抗酸化作用の働きで、がんや老化を予防するといわれているβカロテンとビタミンCの効力を持つ栄養豊富な緑黄食野菜です。風邪予防、美肌にも効果的です。

3.紅はるか/低薬低化
糖度が高く、強い甘みがありますが、後味はすっきりとしています。焼き芋や蒸し芋で食べるのがおすすめです。レモンや苺と一緒に摂ることで美肌やストレス解消に効果があります。

4.ピーマン/不薬不化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

5.新玉葱/低薬低化(3割)
何にでも使える万能野菜、玉葱!良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ホワイトしめじ/不薬低化
プルンとした食感を楽めます。また、シジミの約5~7倍ものオルニチンが含まれているので、肝臓の代謝や解毒作用をサポートしてくれます。癖がないので、いろいろな料理に活用ください。

8.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

9.ミニトマト/低薬低化
赤い色素に含まれるリコピンは、ガンや動脈硬化の予防に効果が高いです。ごまや落花生と一緒に調理すると効果的に摂ることができます。りんごやオレンジと一緒に摂ると、疲労回復に◎。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

11.キャベツ1/2/低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

12.ブロッコリー/低薬低化(3割)
熊本県産のブロッコリーです。豊富な食物繊維やβカロテン、ビタミンCを多く含み美肌効果もとても高いです。茹でる時に油大さじ1を加えるとビタミンの流失を防ぎます。

13.サラダ菜/低薬低化(3割)
バターヘッドとも呼ばれるのは、その葉っぱにバターを塗ったような照りがあるから。カルシウム、鉄、ビタミン類が豊富で、栄養価の高い緑黄色野菜です。ちょっとした付け合わせ野菜にも最適です。

—————————————————————

【15品目】

1.大根/低薬低化
肉や魚へ添えてある大根おろしには、消化を助け、食物繊維の働きで大腸ガン予防につながります。味のしみた美味しさを楽しむならば、軽く干したり、冷凍したものを使用すると短時間で味が染みます。

2.人参/低薬低化
糖度が高く、強い甘みがありますが、後味はすっきりとしています。焼き芋や蒸し芋で食べるのがおすすめです。レモンや苺と一緒に摂ることで美肌やストレス解消に効果があります。

2.人参/低薬低化
抗酸化作用の働きで、がんや老化を予防するといわれているβカロテンとビタミンCの効力を持つ栄養豊富な緑黄食野菜です。風邪予防、美肌にも効果的です。

4.ピーマン/不薬不化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

5.新玉葱/低薬低化(3割)
何にでも使える万能野菜、玉葱!良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ホワイトしめじ/不薬低化
プルンとした食感を楽めます。また、シジミの約5~7倍ものオルニチンが含まれているので、肝臓の代謝や解毒作用をサポートしてくれます。癖がないので、いろいろな料理に活用ください。

8.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

9.ミニトマト/低薬低化
赤い色素に含まれるリコピンは、ガンや動脈硬化の予防に効果が高いです。ごまや落花生と一緒に調理すると効果的に摂ることができます。りんごやオレンジと一緒に摂ると、疲労回復に◎。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

11.キャベツ1/2/低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

12.ブロッコリー/低薬低化(3割)
熊本県産のブロッコリーです。豊富な食物繊維やβカロテン、ビタミンCを多く含み美肌効果もとても高いです。茹でる時に油大さじ1を加えるとビタミンの流失を防ぎます。

13.サラダ菜/低薬低化(3割)
バターヘッドとも呼ばれるのは、その葉っぱにバターを塗ったような照りがあるから。カルシウム、鉄、ビタミン類が豊富で、栄養価の高い緑黄色野菜です。ちょっとした付け合わせ野菜にも最適です。

14.ひらたけ/不薬低化
欧米ではオイスター・マッシュルームとして知られており、美容健康に良いとされる、ビタミンB群や食物繊維を豊富に含みます。味や香りにくせがなく、食べやすいきのこです。

15.アスパラガス(緑/紫)/低薬低化(3割)
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

—————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

九州野菜王国 

4月19日(木)出荷分

【2018年4月から5月の営業日について】
出荷日の変更がございます。
▼▼▼必ずお読みください▼▼▼

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。

仕入れ担当の山野です。
4月19日(木)出荷分お野菜の品目/栽培基準 をご案内いたします。

※天候の影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。
※個別でご対応させていただいているお客様には、別のお野菜をお入れしてお届けいたしますので、お手元の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
また、品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

【10品目】

1.大根/低薬低化
肉や魚へ添えてある大根おろしには、消化を助け、食物繊維の働きで大腸ガン予防につながります。味のしみた美味しさを楽しむならば、軽く干したり、冷凍したものを使用すると短時間で味が染みます。

2.人参/低薬低化
抗酸化作用の働きで、がんや老化を予防するといわれているβカロテンとビタミンCの効力を持つ栄養豊富な緑黄食野菜です。風邪予防、美肌にも効果的です。

3.紅はるか/低薬低化
糖度が高く、強い甘みがありますが、後味はすっきりとしています。焼き芋や蒸し芋で食べるのがおすすめです。レモンや苺と一緒に摂ることで美肌やストレス解消に効果があります。

4.ピーマン/不薬不化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

5.新玉葱/低薬低化(3割)
何にでも使える万能野菜、玉葱!良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ホワイトしめじ/不薬低化
プルンとした食感を楽めます。また、シジミの約5~7倍ものオルニチンが含まれているので、肝臓の代謝や解毒作用をサポートしてくれます。癖がないので、いろいろな料理に活用ください。

8.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

9.ミニトマト/低薬低化
赤い色素に含まれるリコピンは、ガンや動脈硬化の予防に効果が高いです。ごまや落花生と一緒に調理すると効果的に摂ることができます。りんごやオレンジと一緒に摂ると、疲労回復に◎。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

—————————————————————


塩たまちゃん

塩トマト

塩たまちゃんドレッシング

デコ蜜柑


—————————————————————

【13品目】

1.大根/低薬低化
肉や魚へ添えてある大根おろしには、消化を助け、食物繊維の働きで大腸ガン予防につながります。味のしみた美味しさを楽しむならば、軽く干したり、冷凍したものを使用すると短時間で味が染みます。

2.人参/低薬低化
抗酸化作用の働きで、がんや老化を予防するといわれているβカロテンとビタミンCの効力を持つ栄養豊富な緑黄食野菜です。風邪予防、美肌にも効果的です。

3.紅はるか/低薬低化
糖度が高く、強い甘みがありますが、後味はすっきりとしています。焼き芋や蒸し芋で食べるのがおすすめです。レモンや苺と一緒に摂ることで美肌やストレス解消に効果があります。

4.ピーマン/不薬不化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

5.新玉葱/低薬低化(3割)
何にでも使える万能野菜、玉葱!良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ホワイトしめじ/不薬低化
プルンとした食感を楽めます。また、シジミの約5~7倍ものオルニチンが含まれているので、肝臓の代謝や解毒作用をサポートしてくれます。癖がないので、いろいろな料理に活用ください。

8.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

9.ミニトマト/低薬低化
赤い色素に含まれるリコピンは、ガンや動脈硬化の予防に効果が高いです。ごまや落花生と一緒に調理すると効果的に摂ることができます。りんごやオレンジと一緒に摂ると、疲労回復に◎。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

11.キャベツ1/2/低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

12.ブロッコリー/低薬低化(3割)
熊本県産のブロッコリーです。豊富な食物繊維やβカロテン、ビタミンCを多く含み美肌効果もとても高いです。茹でる時に油大さじ1を加えるとビタミンの流失を防ぎます。

13.サラダ菜/低薬低化(3割)
バターヘッドとも呼ばれるのは、その葉っぱにバターを塗ったような照りがあるから。カルシウム、鉄、ビタミン類が豊富で、栄養価の高い緑黄色野菜です。ちょっとした付け合わせ野菜にも最適です。

—————————————————————

【15品目】

1.大根/低薬低化
肉や魚へ添えてある大根おろしには、消化を助け、食物繊維の働きで大腸ガン予防につながります。味のしみた美味しさを楽しむならば、軽く干したり、冷凍したものを使用すると短時間で味が染みます。

2.人参/低薬低化
糖度が高く、強い甘みがありますが、後味はすっきりとしています。焼き芋や蒸し芋で食べるのがおすすめです。レモンや苺と一緒に摂ることで美肌やストレス解消に効果があります。

2.人参/低薬低化
抗酸化作用の働きで、がんや老化を予防するといわれているβカロテンとビタミンCの効力を持つ栄養豊富な緑黄食野菜です。風邪予防、美肌にも効果的です。

4.ピーマン/不薬不化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

5.新玉葱/低薬低化(3割)
何にでも使える万能野菜、玉葱!良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ホワイトしめじ/不薬低化
プルンとした食感を楽めます。また、シジミの約5~7倍ものオルニチンが含まれているので、肝臓の代謝や解毒作用をサポートしてくれます。癖がないので、いろいろな料理に活用ください。

8.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

9.ミニトマト/低薬低化
赤い色素に含まれるリコピンは、ガンや動脈硬化の予防に効果が高いです。ごまや落花生と一緒に調理すると効果的に摂ることができます。りんごやオレンジと一緒に摂ると、疲労回復に◎。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

11.キャベツ1/2/低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

12.ブロッコリー/低薬低化(3割)
熊本県産のブロッコリーです。豊富な食物繊維やβカロテン、ビタミンCを多く含み美肌効果もとても高いです。茹でる時に油大さじ1を加えるとビタミンの流失を防ぎます。

13.サラダ菜/低薬低化(3割)
バターヘッドとも呼ばれるのは、その葉っぱにバターを塗ったような照りがあるから。カルシウム、鉄、ビタミン類が豊富で、栄養価の高い緑黄色野菜です。ちょっとした付け合わせ野菜にも最適です。

14.ひらたけ/不薬低化
欧米ではオイスター・マッシュルームとして知られており、美容健康に良いとされる、ビタミンB群や食物繊維を豊富に含みます。味や香りにくせがなく、食べやすいきのこです。

15.アスパラガス(緑/紫)/低薬低化(3割)
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

—————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

九州野菜王国 

4月17日(火)出荷分

【2018年4月から5月の営業日について】
出荷日の変更がございます。
▼▼▼必ずお読みください▼▼▼

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。

仕入れ担当の山野です。
4月17日(火)出荷分お野菜の品目/栽培基準 をご案内いたします。

※天候の影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。
※個別でご対応させていただいているお客様には、別のお野菜をお入れしてお届けいたしますので、お手元の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
また、品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

【10品目】

1.大根/低薬低化
肉や魚へ添えてある大根おろしには、消化を助け、食物繊維の働きで大腸ガン予防につながります。味のしみた美味しさを楽しむならば、軽く干したり、冷凍したものを使用すると短時間で味が染みます。

2.人参/低薬低化
抗酸化作用の働きで、がんや老化を予防するといわれているβカロテンとビタミンCの効力を持つ栄養豊富な緑黄食野菜です。風邪予防、美肌にも効果的です。

3.紅はるか/低薬低化
糖度が高く、強い甘みがありますが、後味はすっきりとしています。焼き芋や蒸し芋で食べるのがおすすめです。レモンや苺と一緒に摂ることで美肌やストレス解消に効果があります。

4.ピーマン/不薬不化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

5.新玉葱/低薬低化(3割)
何にでも使える万能野菜、玉葱!良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ホワイトしめじ/不薬低化
プルンとした食感を楽めます。また、シジミの約5~7倍ものオルニチンが含まれているので、肝臓の代謝や解毒作用をサポートしてくれます。癖がないので、いろいろな料理に活用ください。

8.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

9.ミニトマト/低薬低化
赤い色素に含まれるリコピンは、ガンや動脈硬化の予防に効果が高いです。ごまや落花生と一緒に調理すると効果的に摂ることができます。りんごやオレンジと一緒に摂ると、疲労回復に◎。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

—————————————————————


塩たまちゃん

塩トマト

塩たまちゃんドレッシング

デコ蜜柑


—————————————————————

【13品目】

1.大根/低薬低化
肉や魚へ添えてある大根おろしには、消化を助け、食物繊維の働きで大腸ガン予防につながります。味のしみた美味しさを楽しむならば、軽く干したり、冷凍したものを使用すると短時間で味が染みます。

2.人参/低薬低化
抗酸化作用の働きで、がんや老化を予防するといわれているβカロテンとビタミンCの効力を持つ栄養豊富な緑黄食野菜です。風邪予防、美肌にも効果的です。

3.紅はるか/低薬低化
糖度が高く、強い甘みがありますが、後味はすっきりとしています。焼き芋や蒸し芋で食べるのがおすすめです。レモンや苺と一緒に摂ることで美肌やストレス解消に効果があります。

4.ピーマン/不薬不化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

5.新玉葱/低薬低化(3割)
何にでも使える万能野菜、玉葱!良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ホワイトしめじ/不薬低化
プルンとした食感を楽めます。また、シジミの約5~7倍ものオルニチンが含まれているので、肝臓の代謝や解毒作用をサポートしてくれます。癖がないので、いろいろな料理に活用ください。

8.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

9.ミニトマト/低薬低化
赤い色素に含まれるリコピンは、ガンや動脈硬化の予防に効果が高いです。ごまや落花生と一緒に調理すると効果的に摂ることができます。りんごやオレンジと一緒に摂ると、疲労回復に◎。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

11.キャベツ1/2/低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

12.ブロッコリー/低薬低化(3割)
熊本県産のブロッコリーです。豊富な食物繊維やβカロテン、ビタミンCを多く含み美肌効果もとても高いです。茹でる時に油大さじ1を加えるとビタミンの流失を防ぎます。

13.サラダ菜/低薬低化(3割)
バターヘッドとも呼ばれるのは、その葉っぱにバターを塗ったような照りがあるから。カルシウム、鉄、ビタミン類が豊富で、栄養価の高い緑黄色野菜です。ちょっとした付け合わせ野菜にも最適です。

—————————————————————

【15品目】

1.大根/低薬低化
肉や魚へ添えてある大根おろしには、消化を助け、食物繊維の働きで大腸ガン予防につながります。味のしみた美味しさを楽しむならば、軽く干したり、冷凍したものを使用すると短時間で味が染みます。

2.人参/低薬低化
抗酸化作用の働きで、がんや老化を予防するといわれているβカロテンとビタミンCの効力を持つ栄養豊富な緑黄食野菜です。風邪予防、美肌にも効果的です。

3.紅はるか/低薬低化
糖度が高く、強い甘みがありますが、後味はすっきりとしています。焼き芋や蒸し芋で食べるのがおすすめです。レモンや苺と一緒に摂ることで美肌やストレス解消に効果があります。

4.ピーマン/不薬不化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

5.新玉葱/低薬低化(3割)
何にでも使える万能野菜、玉葱!良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ホワイトしめじ/不薬低化
プルンとした食感を楽めます。また、シジミの約5~7倍ものオルニチンが含まれているので、肝臓の代謝や解毒作用をサポートしてくれます。癖がないので、いろいろな料理に活用ください。

8.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

9.ミニトマト/低薬低化
赤い色素に含まれるリコピンは、ガンや動脈硬化の予防に効果が高いです。ごまや落花生と一緒に調理すると効果的に摂ることができます。りんごやオレンジと一緒に摂ると、疲労回復に◎。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

11.キャベツ1/2/低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

12.ブロッコリー/低薬低化(3割)
熊本県産のブロッコリーです。豊富な食物繊維やβカロテン、ビタミンCを多く含み美肌効果もとても高いです。茹でる時に油大さじ1を加えるとビタミンの流失を防ぎます。

13.サラダ菜/低薬低化(3割)
バターヘッドとも呼ばれるのは、その葉っぱにバターを塗ったような照りがあるから。カルシウム、鉄、ビタミン類が豊富で、栄養価の高い緑黄色野菜です。ちょっとした付け合わせ野菜にも最適です。

14.ひらたけ/不薬低化
欧米ではオイスター・マッシュルームとして知られており、美容健康に良いとされる、ビタミンB群や食物繊維を豊富に含みます。味や香りにくせがなく、食べやすいきのこです。

15.アスパラガス(緑/紫)/低薬低化(3割)
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

—————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

九州野菜王国 

4月16日(月)出荷分

【2018年4月から5月の営業日について】
出荷日の変更がございます。
▼▼▼必ずお読みください▼▼▼

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。

仕入れ担当の山野です。
4月16日(月)出荷分お野菜の品目/栽培基準 をご案内いたします。

※天候の影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。
※個別でご対応させていただいているお客様には、別のお野菜をお入れしてお届けいたしますので、お手元の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
また、品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

【10品目】

1.大根/低薬低化
肉や魚へ添えてある大根おろしには、消化を助け、食物繊維の働きで大腸ガン予防につながります。味のしみた美味しさを楽しむならば、軽く干したり、冷凍したものを使用すると短時間で味が染みます。

2.人参/低薬低化
糖度が高く、強い甘みがありますが、後味はすっきりとしています。焼き芋や蒸し芋で食べるのがおすすめです。レモンや苺と一緒に摂ることで美肌やストレス解消に効果があります。

3.紅はるか/低薬低化
糖度が高く、強い甘みがありますが、後味はすっきりとしています。焼き芋や蒸し芋で食べるのがおすすめです。レモンや苺と一緒に摂ることで美肌やストレス解消に効果があります。

4.ピーマン/不薬不化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

5.新玉葱/低薬低化(3割)
何にでも使える万能野菜、玉葱!良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ホワイトしめじ/不薬低化
プルンとした食感を楽めます。また、シジミの約5~7倍ものオルニチンが含まれているので、肝臓の代謝や解毒作用をサポートしてくれます。癖がないので、いろいろな料理に活用ください。

8.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

9.ミニトマト/低薬低化
赤い色素に含まれるリコピンは、ガンや動脈硬化の予防に効果が高いです。ごまや落花生と一緒に調理すると効果的に摂ることができます。りんごやオレンジと一緒に摂ると、疲労回復に◎。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

—————————————————————


塩たまちゃん

塩トマト

塩たまちゃんドレッシング

デコ蜜柑


—————————————————————

【13品目】

1.大根/低薬低化
肉や魚へ添えてある大根おろしには、消化を助け、食物繊維の働きで大腸ガン予防につながります。味のしみた美味しさを楽しむならば、軽く干したり、冷凍したものを使用すると短時間で味が染みます。

2.人参/低薬低化
糖度が高く、強い甘みがありますが、後味はすっきりとしています。焼き芋や蒸し芋で食べるのがおすすめです。レモンや苺と一緒に摂ることで美肌やストレス解消に効果があります。

3.紅はるか/低薬低化
糖度が高く、強い甘みがありますが、後味はすっきりとしています。焼き芋や蒸し芋で食べるのがおすすめです。レモンや苺と一緒に摂ることで美肌やストレス解消に効果があります。

4.ピーマン/不薬不化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

5.新玉葱/低薬低化(3割)
何にでも使える万能野菜、玉葱!良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ホワイトしめじ/不薬低化
プルンとした食感を楽めます。また、シジミの約5~7倍ものオルニチンが含まれているので、肝臓の代謝や解毒作用をサポートしてくれます。癖がないので、いろいろな料理に活用ください。

8.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

9.ミニトマト/低薬低化
赤い色素に含まれるリコピンは、ガンや動脈硬化の予防に効果が高いです。ごまや落花生と一緒に調理すると効果的に摂ることができます。りんごやオレンジと一緒に摂ると、疲労回復に◎。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

11.キャベツ1/2/低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

12.ブロッコリー/低薬低化(3割)
熊本県産のブロッコリーです。豊富な食物繊維やβカロテン、ビタミンCを多く含み美肌効果もとても高いです。茹でる時に油大さじ1を加えるとビタミンの流失を防ぎます。

13.サラダ菜/低薬低化(3割)
バターヘッドとも呼ばれるのは、その葉っぱにバターを塗ったような照りがあるから。カルシウム、鉄、ビタミン類が豊富で、栄養価の高い緑黄色野菜です。ちょっとした付け合わせ野菜にも最適です。

—————————————————————

【15品目】

1.大根/低薬低化
肉や魚へ添えてある大根おろしには、消化を助け、食物繊維の働きで大腸ガン予防につながります。味のしみた美味しさを楽しむならば、軽く干したり、冷凍したものを使用すると短時間で味が染みます。

2.人参/低薬低化
糖度が高く、強い甘みがありますが、後味はすっきりとしています。焼き芋や蒸し芋で食べるのがおすすめです。レモンや苺と一緒に摂ることで美肌やストレス解消に効果があります。

3.紅はるか/低薬低化
糖度が高く、強い甘みがありますが、後味はすっきりとしています。焼き芋や蒸し芋で食べるのがおすすめです。レモンや苺と一緒に摂ることで美肌やストレス解消に効果があります。

4.ピーマン/不薬不化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

5.新玉葱/低薬低化(3割)
何にでも使える万能野菜、玉葱!良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ホワイトしめじ/不薬低化
プルンとした食感を楽めます。また、シジミの約5~7倍ものオルニチンが含まれているので、肝臓の代謝や解毒作用をサポートしてくれます。癖がないので、いろいろな料理に活用ください。

8.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

9.ミニトマト/低薬低化
赤い色素に含まれるリコピンは、ガンや動脈硬化の予防に効果が高いです。ごまや落花生と一緒に調理すると効果的に摂ることができます。りんごやオレンジと一緒に摂ると、疲労回復に◎。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

11.キャベツ1/2/低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

12.ブロッコリー/低薬低化(3割)
熊本県産のブロッコリーです。豊富な食物繊維やβカロテン、ビタミンCを多く含み美肌効果もとても高いです。茹でる時に油大さじ1を加えるとビタミンの流失を防ぎます。

13.サラダ菜/低薬低化(3割)
バターヘッドとも呼ばれるのは、その葉っぱにバターを塗ったような照りがあるから。カルシウム、鉄、ビタミン類が豊富で、栄養価の高い緑黄色野菜です。ちょっとした付け合わせ野菜にも最適です。

14.ひらたけ/不薬低化
欧米ではオイスター・マッシュルームとして知られており、美容健康に良いとされる、ビタミンB群や食物繊維を豊富に含みます。味や香りにくせがなく、食べやすいきのこです。

15.アスパラガス(緑/紫)/低薬低化(3割)
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

—————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

九州野菜王国 

4月13日(金)出荷分

【2018年4月から5月の営業日について】
出荷日の変更がございます。
▼▼▼必ずお読みください▼▼▼

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。

仕入れ担当の山野です。
4月13日(金)出荷分お野菜の品目/栽培基準 をご案内いたします。

※天候の影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。
※個別でご対応させていただいているお客様には、別のお野菜をお入れしてお届けいたしますので、お手元の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
また、品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

【10品目】

1.玉レタス/低薬低化
濃い緑の葉の部分には、βカロテンが含まれています。サラダなど生で食べることの多い野菜ですが、切り口の赤茶色に変色するのを防ぐために50℃のお湯につけると防げます。

2.ごぼう/低薬低化
豊富に含まれる食物繊維は、血中コレステロール値を下げて体内環境を整えます。水にさらすと出るアクはポリフェノール。うまみも出てしまうので、軽くするのがおススメです。

3.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

4.スティックセニョール/低薬低化
甘みある花茎のスティックブロッコリーです。「スルフォラファン」という、成人病などの病気の予防や健康維持によいといわれるフィトケミカルを含んでいます。

または

4.ラディッシュ/低薬低化(3割)
明治以降、ヨーロッパから導入されたミニ大根。色みを生かして、サラダで食べられます。葉っぱには、カロテン、ビタミンC、カルシウム、食物繊維がたっぷり。葉っぱも残さず食べて頂きたいです。

5.ホルンパプリカ/低薬低化(3割)
細長く唐辛子のような形をした珍しい種類のパプリカです。糖度が高いので、サラダなど生で食べるのがおすすめです!もちろん炒めても美味しいです。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ぶなしめじ/不薬不化
日本人に不足しがちな必須アミノ酸を多く含んでいます。例えば、リジンはたんぱく質やカルシウムの吸収を促進する働きがあります。育ち盛りのお子さまにぜひ食べて頂きたいきのこです。

8.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

9.トマト/低薬低化(3割)
リコピンは、ゴマや落花生などに含まれるビタミンEと一緒に取るか、脂溶性なので脂を使って調理すると効果的摂ることが出来ます。皮は薬効が多いので、剥かずに食べると理想的。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

—————————————————————


塩たまちゃん

塩トマト

塩たまちゃんドレッシング

デコ蜜柑


—————————————————————

【13品目】

1.玉レタス/低薬低化
濃い緑の葉の部分には、βカロテンが含まれています。サラダなど生で食べることの多い野菜ですが、切り口の赤茶色に変色するのを防ぐために50℃のお湯につけると防げます。

2.ごぼう/低薬低化
豊富に含まれる食物繊維は、血中コレステロール値を下げて体内環境を整えます。水にさらすと出るアクはポリフェノール。うまみも出てしまうので、軽くするのがおススメです。

3.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

4.スティックセニョール/低薬低化
甘みある花茎のスティックブロッコリーです。「スルフォラファン」という、成人病などの病気の予防や健康維持によいといわれるフィトケミカルを含んでいます。

または

4.ラディッシュ/低薬低化(3割)
明治以降、ヨーロッパから導入されたミニ大根。色みを生かして、サラダで食べられます。葉っぱには、カロテン、ビタミンC、カルシウム、食物繊維がたっぷり。葉っぱも残さず食べて頂きたいです。

5.ホルンパプリカ/低薬低化(3割)
細長く唐辛子のような形をした珍しい種類のパプリカです。糖度が高いので、サラダなど生で食べるのがおすすめです!もちろん炒めても美味しいです。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ぶなしめじ/不薬不化
日本人に不足しがちな必須アミノ酸を多く含んでいます。例えば、リジンはたんぱく質やカルシウムの吸収を促進する働きがあります。育ち盛りのお子さまにぜひ食べて頂きたいきのこです。

8.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

9.トマト/低薬低化(3割)
リコピンは、ゴマや落花生などに含まれるビタミンEと一緒に取るか、脂溶性なので脂を使って調理すると効果的摂ることが出来ます。皮は薬効が多いので、剥かずに食べると理想的。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

11.グミニー(ミニトマト)/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

12.スナップエンドウ/低薬低化(3割)
さやが柔らかく、さやと豆の両方を食べることが出来る。さやは肉厚で甘みが強いが、硬いスジがあります。さっと塩茹ですると鮮やかな緑と甘みが楽しめます。

13.青ネギ/低薬低化(3割)
白い部分にはビタミンCと、血行を良くする硫化アリルが多く、緑の部分にはカロテンやカルシュウムが豊富。「ねぎ+きくらげ」の食べ合わせは、コレステロール値低下・血栓予防が期待できます。

—————————————————————

【15品目】

1.玉レタス/低薬低化
濃い緑の葉の部分には、βカロテンが含まれています。サラダなど生で食べることの多い野菜ですが、切り口の赤茶色に変色するのを防ぐために50℃のお湯につけると防げます。

2.ごぼう/低薬低化
豊富に含まれる食物繊維は、血中コレステロール値を下げて体内環境を整えます。水にさらすと出るアクはポリフェノール。うまみも出てしまうので、軽くするのがおススメです。

3.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

4.スティックセニョール/低薬低化
甘みある花茎のスティックブロッコリーです。「スルフォラファン」という、成人病などの病気の予防や健康維持によいといわれるフィトケミカルを含んでいます。

または

4.ラディッシュ/低薬低化(3割)
明治以降、ヨーロッパから導入されたミニ大根。色みを生かして、サラダで食べられます。葉っぱには、カロテン、ビタミンC、カルシウム、食物繊維がたっぷり。葉っぱも残さず食べて頂きたいです。

5.ホルンパプリカ/低薬低化(3割)
細長く唐辛子のような形をした珍しい種類のパプリカです。糖度が高いので、サラダなど生で食べるのがおすすめです!もちろん炒めても美味しいです。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ぶなしめじ/不薬不化
日本人に不足しがちな必須アミノ酸を多く含んでいます。例えば、リジンはたんぱく質やカルシウムの吸収を促進する働きがあります。育ち盛りのお子さまにぜひ食べて頂きたいきのこです。

8.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

9.トマト/低薬低化(3割)
リコピンは、ゴマや落花生などに含まれるビタミンEと一緒に取るか、脂溶性なので脂を使って調理すると効果的摂ることが出来ます。皮は薬効が多いので、剥かずに食べると理想的。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

11.グミニー(ミニトマト)/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

12.スナップエンドウ/低薬低化(3割)
さやが柔らかく、さやと豆の両方を食べることが出来る。さやは肉厚で甘みが強いが、硬いスジがあります。さっと塩茹ですると鮮やかな緑と甘みが楽しめます。

13.青ネギ/低薬低化(3割)
白い部分にはビタミンCと、血行を良くする硫化アリルが多く、緑の部分にはカロテンやカルシュウムが豊富。「ねぎ+きくらげ」の食べ合わせは、コレステロール値低下・血栓予防が期待できます。

14.えのき/不薬低化
ギャバという成分が豊富に含まれています。ギャバは神経の興奮を鎮め腎臓や肝臓の働きを活発にし、血圧・神経の安定に役立ちます。また、きのこ類の中でもB1の含有量はトップクラスです。

15.アスパラガス(緑/紫)/低薬低化(3割)
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

—————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

九州野菜王国 

4月12日(木)出荷分

【2018年4月から5月の営業日について】
出荷日の変更がございます。
▼▼▼必ずお読みください▼▼▼

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。

仕入れ担当の山野です。
4月13日(金)出荷分【予定】お野菜の品目/栽培基準 をご案内いたします。

※天候の影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。
※個別でご対応させていただいているお客様には、別のお野菜をお入れしてお届けいたしますので、お手元の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
また、品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

【10品目】

1.玉レタス/低薬低化
濃い緑の葉の部分には、βカロテンが含まれています。サラダなど生で食べることの多い野菜ですが、切り口の赤茶色に変色するのを防ぐために50℃のお湯につけると防げます。

2.ごぼう/低薬低化
豊富に含まれる食物繊維は、血中コレステロール値を下げて体内環境を整えます。水にさらすと出るアクはポリフェノール。うまみも出てしまうので、軽くするのがおススメです。

3.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

4.スティックセニョール/低薬低化
甘みある花茎のスティックブロッコリーです。「スルフォラファン」という、成人病などの病気の予防や健康維持によいといわれるフィトケミカルを含んでいます。

または

4.ラディッシュ/低薬低化(3割)
明治以降、ヨーロッパから導入されたミニ大根。色みを生かして、サラダで食べられます。葉っぱには、カロテン、ビタミンC、カルシウム、食物繊維がたっぷり。葉っぱも残さず食べて頂きたいです。

5.ホルンパプリカ/低薬低化(3割)
細長く唐辛子のような形をした珍しい種類のパプリカです。糖度が高いので、サラダなど生で食べるのがおすすめです!もちろん炒めても美味しいです。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ぶなしめじ/不薬不化
日本人に不足しがちな必須アミノ酸を多く含んでいます。例えば、リジンはたんぱく質やカルシウムの吸収を促進する働きがあります。育ち盛りのお子さまにぜひ食べて頂きたいきのこです。

8.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

9.トマト/低薬低化(3割)
リコピンは、ゴマや落花生などに含まれるビタミンEと一緒に取るか、脂溶性なので脂を使って調理すると効果的摂ることが出来ます。皮は薬効が多いので、剥かずに食べると理想的。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

—————————————————————


塩たまちゃん

塩トマト

塩たまちゃんドレッシング

デコ蜜柑


—————————————————————

【13品目】

1.玉レタス/低薬低化
濃い緑の葉の部分には、βカロテンが含まれています。サラダなど生で食べることの多い野菜ですが、切り口の赤茶色に変色するのを防ぐために50℃のお湯につけると防げます。

2.ごぼう/低薬低化
豊富に含まれる食物繊維は、血中コレステロール値を下げて体内環境を整えます。水にさらすと出るアクはポリフェノール。うまみも出てしまうので、軽くするのがおススメです。

3.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

4.スティックセニョール/低薬低化
甘みある花茎のスティックブロッコリーです。「スルフォラファン」という、成人病などの病気の予防や健康維持によいといわれるフィトケミカルを含んでいます。

5.ホルンパプリカ/低薬低化(3割)
細長く唐辛子のような形をした珍しい種類のパプリカです。糖度が高いので、サラダなど生で食べるのがおすすめです!もちろん炒めても美味しいです。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ぶなしめじ/不薬不化
日本人に不足しがちな必須アミノ酸を多く含んでいます。例えば、リジンはたんぱく質やカルシウムの吸収を促進する働きがあります。育ち盛りのお子さまにぜひ食べて頂きたいきのこです。

8.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

9.トマト/低薬低化(3割)
リコピンは、ゴマや落花生などに含まれるビタミンEと一緒に取るか、脂溶性なので脂を使って調理すると効果的摂ることが出来ます。皮は薬効が多いので、剥かずに食べると理想的。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

11.グミニー(ミニトマト)/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

12.スナップエンドウ/低薬低化(3割)
さやが柔らかく、さやと豆の両方を食べることが出来る。さやは肉厚で甘みが強いが、硬いスジがあります。さっと塩茹ですると鮮やかな緑と甘みが楽しめます。

13.青ネギ/低薬低化(3割)
白い部分にはビタミンCと、血行を良くする硫化アリルが多く、緑の部分にはカロテンやカルシュウムが豊富。「ねぎ+きくらげ」の食べ合わせは、コレステロール値低下・血栓予防が期待できます。

—————————————————————

【15品目】

1.玉レタス/低薬低化
濃い緑の葉の部分には、βカロテンが含まれています。サラダなど生で食べることの多い野菜ですが、切り口の赤茶色に変色するのを防ぐために50℃のお湯につけると防げます。

2.ごぼう/低薬低化
豊富に含まれる食物繊維は、血中コレステロール値を下げて体内環境を整えます。水にさらすと出るアクはポリフェノール。うまみも出てしまうので、軽くするのがおススメです。

3.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

4.スティックセニョール/低薬低化
甘みある花茎のスティックブロッコリーです。「スルフォラファン」という、成人病などの病気の予防や健康維持によいといわれるフィトケミカルを含んでいます。

5.ホルンパプリカ/低薬低化(3割)
細長く唐辛子のような形をした珍しい種類のパプリカです。糖度が高いので、サラダなど生で食べるのがおすすめです!もちろん炒めても美味しいです。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ぶなしめじ/不薬不化
日本人に不足しがちな必須アミノ酸を多く含んでいます。例えば、リジンはたんぱく質やカルシウムの吸収を促進する働きがあります。育ち盛りのお子さまにぜひ食べて頂きたいきのこです。

8.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

9.トマト/低薬低化(3割)
リコピンは、ゴマや落花生などに含まれるビタミンEと一緒に取るか、脂溶性なので脂を使って調理すると効果的摂ることが出来ます。皮は薬効が多いので、剥かずに食べると理想的。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

11.グミニー(ミニトマト)/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

12.スナップエンドウ/低薬低化(3割)
さやが柔らかく、さやと豆の両方を食べることが出来る。さやは肉厚で甘みが強いが、硬いスジがあります。さっと塩茹ですると鮮やかな緑と甘みが楽しめます。

13.青ネギ/低薬低化(3割)
白い部分にはビタミンCと、血行を良くする硫化アリルが多く、緑の部分にはカロテンやカルシュウムが豊富。「ねぎ+きくらげ」の食べ合わせは、コレステロール値低下・血栓予防が期待できます。

14.えのき/不薬低化
ギャバという成分が豊富に含まれています。ギャバは神経の興奮を鎮め腎臓や肝臓の働きを活発にし、血圧・神経の安定に役立ちます。また、きのこ類の中でもB1の含有量はトップクラスです。

15.アスパラガス(緑/紫)/低薬低化(3割)
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

—————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

九州野菜王国 

4月10日(火)出荷分

【2018年4月から5月の営業日について】
出荷日の変更がございます。
▼▼▼必ずお読みください▼▼▼

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。

仕入れ担当の山野です。
4月10日(火)出荷分お野菜の品目/栽培基準 をご案内いたします。

※天候の影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。
※個別でご対応させていただいているお客様には、別のお野菜をお入れしてお届けいたしますので、お手元の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
また、品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

【10品目】

1.玉レタス/低薬低化
濃い緑の葉の部分には、βカロテンが含まれています。サラダなど生で食べることの多い野菜ですが、切り口の赤茶色に変色するのを防ぐために50℃のお湯につけると防げます。

2.ごぼう/低薬低化
豊富に含まれる食物繊維は、血中コレステロール値を下げて体内環境を整えます。水にさらすと出るアクはポリフェノール。うまみも出てしまうので、軽くするのがおススメです。

3.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

または

3.サラダ玉ねぎ/低薬低化(3割)
春先に出てくるたまねぎは、収穫後すぐに出荷されるので、水分が豊富で柔らかく、甘みが強い(辛味が少ない。)のが特徴です。生で食べるのが美味しいたまねぎです。

または

3.新じゃがいも/不薬不化
九州では、春先に新じゃがいもの収穫が始まります。水分が多く、皮が薄いのが特徴で、皮をむかずにそのまま、じゃがバターやスープにして食べるのがおすすめです。

または

3.青ネギ/低薬低化(3割)
白い部分にはビタミンCと、血行を良くする硫化アリルが多く、緑の部分にはカロテンやカルシュウムが豊富。「ねぎ+きくらげ」の食べ合わせは、コレステロール値低下・血栓予防が期待できます。

4.スティックセニョール/低薬低化
甘みある花茎のスティックブロッコリーです。「スルフォラファン」という、成人病などの病気の予防や健康維持によいといわれるフィトケミカルを含んでいます。

5.ホルンパプリカ/低薬低化(3割)
細長く唐辛子のような形をした珍しい種類のパプリカです。糖度が高いので、サラダなど生で食べるのがおすすめです!もちろん炒めても美味しいです。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ぶなしめじ/不薬不化
日本人に不足しがちな必須アミノ酸を多く含んでいます。例えば、リジンはたんぱく質やカルシウムの吸収を促進する働きがあります。育ち盛りのお子さまにぜひ食べて頂きたいきのこです。

8.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

9.トマト/低薬低化(3割)
リコピンは、ゴマや落花生などに含まれるビタミンEと一緒に取るか、脂溶性なので脂を使って調理すると効果的摂ることが出来ます。皮は薬効が多いので、剥かずに食べると理想的。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

—————————————————————


塩たまちゃん

塩トマト

塩たまちゃんドレッシング

デコ蜜柑


—————————————————————

【13品目】

1.玉レタス/低薬低化
濃い緑の葉の部分には、βカロテンが含まれています。サラダなど生で食べることの多い野菜ですが、切り口の赤茶色に変色するのを防ぐために50℃のお湯につけると防げます。

2.ごぼう/低薬低化
豊富に含まれる食物繊維は、血中コレステロール値を下げて体内環境を整えます。水にさらすと出るアクはポリフェノール。うまみも出てしまうので、軽くするのがおススメです。

3.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

4.スティックセニョール/低薬低化
甘みある花茎のスティックブロッコリーです。「スルフォラファン」という、成人病などの病気の予防や健康維持によいといわれるフィトケミカルを含んでいます。

5.ホルンパプリカ/低薬低化(3割)
細長く唐辛子のような形をした珍しい種類のパプリカです。糖度が高いので、サラダなど生で食べるのがおすすめです!もちろん炒めても美味しいです。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ぶなしめじ/不薬不化
日本人に不足しがちな必須アミノ酸を多く含んでいます。例えば、リジンはたんぱく質やカルシウムの吸収を促進する働きがあります。育ち盛りのお子さまにぜひ食べて頂きたいきのこです。

8.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

9.トマト/低薬低化(3割)
リコピンは、ゴマや落花生などに含まれるビタミンEと一緒に取るか、脂溶性なので脂を使って調理すると効果的摂ることが出来ます。皮は薬効が多いので、剥かずに食べると理想的。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

11.グミニー(ミニトマト)/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

12.スナップエンドウ/低薬低化(3割)
さやが柔らかく、さやと豆の両方を食べることが出来る。さやは肉厚で甘みが強いが、硬いスジがあります。さっと塩茹ですると鮮やかな緑と甘みが楽しめます。

または

12.インゲン豆/低薬低化
カロテンを多く含み、皮膚や粘膜を健康に保つ効果があります。ほかにも疲労回復が期待できるアスパラギン酸を含んでいます。使い切れない分は、さっと茹でて冷凍するとよいです。

13.青ネギ/低薬低化(3割)
白い部分にはビタミンCと、血行を良くする硫化アリルが多く、緑の部分にはカロテンやカルシュウムが豊富。「ねぎ+きくらげ」の食べ合わせは、コレステロール値低下・血栓予防が期待できます。

—————————————————————

【15品目】

1.玉レタス/低薬低化
濃い緑の葉の部分には、βカロテンが含まれています。サラダなど生で食べることの多い野菜ですが、切り口の赤茶色に変色するのを防ぐために50℃のお湯につけると防げます。

2.ごぼう/低薬低化
豊富に含まれる食物繊維は、血中コレステロール値を下げて体内環境を整えます。水にさらすと出るアクはポリフェノール。うまみも出てしまうので、軽くするのがおススメです。

3.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

4.スティックセニョール/低薬低化
甘みある花茎のスティックブロッコリーです。「スルフォラファン」という、成人病などの病気の予防や健康維持によいといわれるフィトケミカルを含んでいます。

5.ホルンパプリカ/低薬低化(3割)
細長く唐辛子のような形をした珍しい種類のパプリカです。糖度が高いので、サラダなど生で食べるのがおすすめです!もちろん炒めても美味しいです。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ぶなしめじ/不薬不化
日本人に不足しがちな必須アミノ酸を多く含んでいます。例えば、リジンはたんぱく質やカルシウムの吸収を促進する働きがあります。育ち盛りのお子さまにぜひ食べて頂きたいきのこです。

8.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

9.トマト/低薬低化(3割)
リコピンは、ゴマや落花生などに含まれるビタミンEと一緒に取るか、脂溶性なので脂を使って調理すると効果的摂ることが出来ます。皮は薬効が多いので、剥かずに食べると理想的。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

11.グミニー(ミニトマト)/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

12.スナップエンドウ/低薬低化(3割)
さやが柔らかく、さやと豆の両方を食べることが出来る。さやは肉厚で甘みが強いが、硬いスジがあります。さっと塩茹ですると鮮やかな緑と甘みが楽しめます。

13.青ネギ/低薬低化(3割)
白い部分にはビタミンCと、血行を良くする硫化アリルが多く、緑の部分にはカロテンやカルシュウムが豊富。「ねぎ+きくらげ」の食べ合わせは、コレステロール値低下・血栓予防が期待できます。

14.えのき/不薬低化
ギャバという成分が豊富に含まれています。ギャバは神経の興奮を鎮め腎臓や肝臓の働きを活発にし、血圧・神経の安定に役立ちます。また、きのこ類の中でもB1の含有量はトップクラスです。

15.アスパラガス(緑/紫)/低薬低化(3割)
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

—————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

九州野菜王国 

4月9日(月)出荷分

【2018年4月から5月の営業日について】
出荷日の変更がございます。
▼▼▼必ずお読みください▼▼▼

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。

仕入れ担当の山野です。
4月9日(月)出荷分お野菜の品目/栽培基準 をご案内いたします。

※天候の影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。
※個別でご対応させていただいているお客様には、別のお野菜をお入れしてお届けいたしますので、お手元の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
また、品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

【10品目】

1.玉レタス/低薬低化
濃い緑の葉の部分には、βカロテンが含まれています。サラダなど生で食べることの多い野菜ですが、切り口の赤茶色に変色するのを防ぐために50℃のお湯につけると防げます。

2.ごぼう/低薬低化
豊富に含まれる食物繊維は、血中コレステロール値を下げて体内環境を整えます。水にさらすと出るアクはポリフェノール。うまみも出てしまうので、軽くするのがおススメです。

3.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

4.スティックセニョール/低薬低化
甘みある花茎のスティックブロッコリーです。「スルフォラファン」という、成人病などの病気の予防や健康維持によいといわれるフィトケミカルを含んでいます。

5.ホルンパプリカ/低薬低化(3割)
細長く唐辛子のような形をした珍しい種類のパプリカです。糖度が高いので、サラダなど生で食べるのがおすすめです!もちろん炒めても美味しいです。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ぶなしめじ/不薬不化
日本人に不足しがちな必須アミノ酸を多く含んでいます。例えば、リジンはたんぱく質やカルシウムの吸収を促進する働きがあります。育ち盛りのお子さまにぜひ食べて頂きたいきのこです。

8.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

9.トマト/低薬低化(3割)
リコピンは、ゴマや落花生などに含まれるビタミンEと一緒に取るか、脂溶性なので脂を使って調理すると効果的摂ることが出来ます。皮は薬効が多いので、剥かずに食べると理想的。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

—————————————————————


塩たまちゃん

塩トマト

塩たまちゃんドレッシング

デコ蜜柑


—————————————————————

【13品目】

1.玉レタス/低薬低化
濃い緑の葉の部分には、βカロテンが含まれています。サラダなど生で食べることの多い野菜ですが、切り口の赤茶色に変色するのを防ぐために50℃のお湯につけると防げます。

2.ごぼう/低薬低化
豊富に含まれる食物繊維は、血中コレステロール値を下げて体内環境を整えます。水にさらすと出るアクはポリフェノール。うまみも出てしまうので、軽くするのがおススメです。

3.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

4.スティックセニョール/低薬低化
甘みある花茎のスティックブロッコリーです。「スルフォラファン」という、成人病などの病気の予防や健康維持によいといわれるフィトケミカルを含んでいます。

5.ホルンパプリカ/低薬低化(3割)
細長く唐辛子のような形をした珍しい種類のパプリカです。糖度が高いので、サラダなど生で食べるのがおすすめです!もちろん炒めても美味しいです。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ぶなしめじ/不薬不化
日本人に不足しがちな必須アミノ酸を多く含んでいます。例えば、リジンはたんぱく質やカルシウムの吸収を促進する働きがあります。育ち盛りのお子さまにぜひ食べて頂きたいきのこです。

8.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

9.トマト/低薬低化(3割)
リコピンは、ゴマや落花生などに含まれるビタミンEと一緒に取るか、脂溶性なので脂を使って調理すると効果的摂ることが出来ます。皮は薬効が多いので、剥かずに食べると理想的。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

11.グミニー(ミニトマト)/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

12.スナップエンドウ/低薬低化(3割)
さやが柔らかく、さやと豆の両方を食べることが出来る。さやは肉厚で甘みが強いが、硬いスジがあります。さっと塩茹ですると鮮やかな緑と甘みが楽しめます。

13.青ネギ/低薬低化(3割)
白い部分にはビタミンCと、血行を良くする硫化アリルが多く、緑の部分にはカロテンやカルシュウムが豊富。「ねぎ+きくらげ」の食べ合わせは、コレステロール値低下・血栓予防が期待できます。

—————————————————————

【15品目】

1.玉レタス/低薬低化
濃い緑の葉の部分には、βカロテンが含まれています。サラダなど生で食べることの多い野菜ですが、切り口の赤茶色に変色するのを防ぐために50℃のお湯につけると防げます。

2.ごぼう/低薬低化
豊富に含まれる食物繊維は、血中コレステロール値を下げて体内環境を整えます。水にさらすと出るアクはポリフェノール。うまみも出てしまうので、軽くするのがおススメです。

3.きゅうり/低薬低化(3割)
きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを壊す働きがあるため、お酢を使ったドレッシングをかけると、酵素の働きを抑えてくれます。「きゅうり+イカ」一緒に酢の物にすれば、美髪効果があります。

4.スティックセニョール/低薬低化
甘みある花茎のスティックブロッコリーです。「スルフォラファン」という、成人病などの病気の予防や健康維持によいといわれるフィトケミカルを含んでいます。

5.ホルンパプリカ/低薬低化(3割)
細長く唐辛子のような形をした珍しい種類のパプリカです。糖度が高いので、サラダなど生で食べるのがおすすめです!もちろん炒めても美味しいです。

6.小松菜/低薬低化(3割)
骨粗しょう症対策には、ジャコやサクラエビと言ったカルシウムを含む食材と食べ合わせるほか、きのこ類と摂るとカルシウムの吸収が高まります。色合いを楽しむなら味付けは、塩とだしで。

7.ぶなしめじ/不薬不化
日本人に不足しがちな必須アミノ酸を多く含んでいます。例えば、リジンはたんぱく質やカルシウムの吸収を促進する働きがあります。育ち盛りのお子さまにぜひ食べて頂きたいきのこです。

8.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

9.トマト/低薬低化(3割)
リコピンは、ゴマや落花生などに含まれるビタミンEと一緒に取るか、脂溶性なので脂を使って調理すると効果的摂ることが出来ます。皮は薬効が多いので、剥かずに食べると理想的。

10.ベビーリーフ/低薬低化
ドレッシングを使うと、脂質でカロテンの吸収・お酢でミネラルの吸収を高めてくれます。手軽にサラダへ使える量がうれしいですね。成熟した野菜よりはるかに栄養が高いと、注目の野菜です。

11.グミニー(ミニトマト)/低薬低化(3割)
光沢のある果実が、一房にぶどうのようにたくさんできるミニトマトです。日光を多く浴びて育ったトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルも多く含んでいます。

12.スナップエンドウ/低薬低化(3割)
さやが柔らかく、さやと豆の両方を食べることが出来る。さやは肉厚で甘みが強いが、硬いスジがあります。さっと塩茹ですると鮮やかな緑と甘みが楽しめます。

13.青ネギ/低薬低化(3割)
白い部分にはビタミンCと、血行を良くする硫化アリルが多く、緑の部分にはカロテンやカルシュウムが豊富。「ねぎ+きくらげ」の食べ合わせは、コレステロール値低下・血栓予防が期待できます。

14.えのき/不薬低化
ギャバという成分が豊富に含まれています。ギャバは神経の興奮を鎮め腎臓や肝臓の働きを活発にし、血圧・神経の安定に役立ちます。また、きのこ類の中でもB1の含有量はトップクラスです。

15.アスパラガス(緑/紫)/低薬低化(3割)
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

—————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

九州野菜王国 

メールでのお問い合わせ