野菜宅配・通販は九州野菜王国へ!!
熊本県産中心の九州、熊本の有機野菜や減農薬野菜を全品目放射性物質検査を行い、収穫後最短1日で 熊本から新鮮な状態で宅配。心から安心して子供にも食べさせられる野菜を責任をもってご自宅まで宅配いたします。

マイページ

新規登録

初めての方へ

商品一覧

和食

心から安心のお約束

九州元気野菜くらぶ 詳しくは

  • 生産者のご紹介
  • お客様の声
  • レシピ
  • よくあるご質問
  • 九州野菜王国スタッフブログ

品目リスト

4月22日4月23日 出荷予定分

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。
仕入れ担当の内野と申します。
4月22日4月23日 出荷予定分お野菜の品目/栽培基準をご案内いたします。
※天候などの影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。

※個別でご対応させていただいているお客様は、同梱の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
※品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
.

1.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

2.フリルレタス/低薬低化
葉先に細かい切れ込みがたくさんあり、フリルのようになっているのが特徴です。クセや苦味が少ないので食べやすく、サラダやサンドイッチなどに向いています!

3.ピーマン/低薬低化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

4.生きくらげ/不薬不化
現代人には不足しがちと言われている「食物繊維」が豊富なきのこです!生のきくらげは炒めるか火を通して、中華炒めなどが美味しくお召し上がりいただけます♪

5.ブロッコリー/低薬低化
ブロッコリーは、キャベツの仲間である緑黄色野菜。豊富に含まれているものはビタミンCでレモンの3個分です。風邪の予防に欠かせない栄養を含んでいます。

6.ちんげん菜/低薬低化
葉が肉厚でハリがあるものは、甘みが強く美味しい特徴です。カロテンが豊富で食物繊維も多い野菜で、便秘解消に役に立ち、悪玉コレステロールの形成防止に役に立ちます!

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.グリーンアスパラガス/低薬低化
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

——————————————————————————

【13品目】

1.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

2.フリルレタス/低薬低化
葉先に細かい切れ込みがたくさんあり、フリルのようになっているのが特徴です。クセや苦味が少ないので食べやすく、サラダやサンドイッチなどに向いています!

3.ピーマン/低薬低化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

4.生きくらげ/不薬不化
現代人には不足しがちと言われている「食物繊維」が豊富なきのこです!生のきくらげは炒めるか火を通して、中華炒めなどが美味しくお召し上がりいただけます♪

5.ブロッコリー/低薬低化
ブロッコリーは、キャベツの仲間である緑黄色野菜。豊富に含まれているものはビタミンCでレモンの3個分です。風邪の予防に欠かせない栄養を含んでいます。

6.ちんげん菜/低薬低化
葉が肉厚でハリがあるものは、甘みが強く美味しい特徴です。カロテンが豊富で食物繊維も多い野菜で、便秘解消に役に立ち、悪玉コレステロールの形成防止に役に立ちます!

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.グリーンアスパラガス/低薬低化
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

11.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

12.人参/低薬低化
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

13.さつまいも/低薬低化
さつまいもは食物繊維が多く含まれており、腸の状態を整える働きがあります。また、ビタミンCが多く含まれており、でんぷんにより加熱しても壊れにくいので加熱しても安心です。

—————————————————————————

【15品目】

1.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

2.フリルレタス/低薬低化
葉先に細かい切れ込みがたくさんあり、フリルのようになっているのが特徴です。クセや苦味が少ないので食べやすく、サラダやサンドイッチなどに向いています!

3.ピーマン/低薬低化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

4.生きくらげ/不薬不化
現代人には不足しがちと言われている「食物繊維」が豊富なきのこです!生のきくらげは炒めるか火を通して、中華炒めなどが美味しくお召し上がりいただけます♪

5.ブロッコリー/低薬低化
ブロッコリーは、キャベツの仲間である緑黄色野菜。豊富に含まれているものはビタミンCでレモンの3個分です。風邪の予防に欠かせない栄養を含んでいます。

6.ちんげん菜/低薬低化
葉が肉厚でハリがあるものは、甘みが強く美味しい特徴です。カロテンが豊富で食物繊維も多い野菜で、便秘解消に役に立ち、悪玉コレステロールの形成防止に役に立ちます!

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.グリーンアスパラガス/低薬低化
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

11.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

12.人参/低薬低化
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

13.さつまいも/低薬低化
さつまいもは食物繊維が多く含まれており、腸の状態を整える働きがあります。また、ビタミンCが多く含まれており、でんぷんにより加熱しても壊れにくいので加熱しても安心です。

14.大根/低薬低化
肉や魚へ添えてある大根おろしには、消化を助け、食物繊維の働きで大腸ガン予防につながります。味のしみた美味しさを楽しむならば、干したり、冷凍したものを使用すると短時間で味が染みます。

15.おちこ芋/低薬低化(3割)
おちこ芋は、里芋の赤ちゃんです。皮を剥いたら、おでんや煮物料理に、まるごと入れて楽しめますよ。最近、コレステロールの生成を抑制する成分が含まれることがわかり、動脈硬化予防にも効果的です!

——————————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

4月19日出荷分

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。
仕入れ担当の内野と申します。
4月19日出荷分お野菜の品目/栽培基準をご案内いたします。
※天候などの影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。

※個別でご対応させていただいているお客様は、同梱の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
※品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
.

1.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

2.レッドキャベツ/低薬低化
紫の色素は抗酸化作用のあるアントシアニンです。入れるだけでお料理が華やかになります。他の野菜に色移りするので、炒める時はさっとがおすすめ。ビタミンCや葉酸を多く含むため、妊婦さんにも良いです。

3.生きくらげ/不薬不化
現代人には不足しがちと言われている「食物繊維」が豊富なきのこです!生のきくらげは炒めるか火を通して、中華炒めなどが美味しくお召し上がりいただけます♪

4.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

5.ブロッコリー/低薬低化
ブロッコリーは、キャベツの仲間である緑黄色野菜。豊富に含まれているものはビタミンCでレモンの3個分です。風邪の予防に欠かせない栄養を含んでいます。

6.白ねぎ/低薬低化(3割)
古くから、関東では白い部分が好まれ、土をかぶせて栽培する根深ねぎが多く、関西では緑の葉先端まで食べられる、柔らかい葉ねぎ品種の「九条ねぎ」が多く流通しています。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

——————————————————————————

【13品目】

1.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

2.レッドキャベツ/低薬低化
紫の色素は抗酸化作用のあるアントシアニンです。入れるだけでお料理が華やかになります。他の野菜に色移りするので、炒める時はさっとがおすすめ。ビタミンCや葉酸を多く含むため、妊婦さんにも良いです。

3.生きくらげ/不薬不化
現代人には不足しがちと言われている「食物繊維」が豊富なきのこです!生のきくらげは炒めるか火を通して、中華炒めなどが美味しくお召し上がりいただけます♪

4.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

5.ブロッコリー/低薬低化
ブロッコリーは、キャベツの仲間である緑黄色野菜。豊富に含まれているものはビタミンCでレモンの3個分です。風邪の予防に欠かせない栄養を含んでいます。

6.白ねぎ/低薬低化(3割)
古くから、関東では白い部分が好まれ、土をかぶせて栽培する根深ねぎが多く、関西では緑の葉先端まで食べられる、柔らかい葉ねぎ品種の「九条ねぎ」が多く流通しています。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.人参/低薬低化(3割)
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

12.ニラ/低薬低化
ニラはβカロテンやビタミンCをはじめ、カリウムや葉酸、食物繊維など、様々な栄養素をバランスよく含み、特に注目すべき栄養素は、ニラ特有の辛味成分である「アリシン」です!

13.ピーマン/低薬低化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

—————————————————————————

【15品目】

1.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

2.レッドキャベツ/低薬低化
紫の色素は抗酸化作用のあるアントシアニンです。入れるだけでお料理が華やかになります。他の野菜に色移りするので、炒める時はさっとがおすすめ。ビタミンCや葉酸を多く含むため、妊婦さんにも良いです。

3.生きくらげ/不薬不化
現代人には不足しがちと言われている「食物繊維」が豊富なきのこです!生のきくらげは炒めるか火を通して、中華炒めなどが美味しくお召し上がりいただけます♪

4.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

5.ブロッコリー/低薬低化
ブロッコリーは、キャベツの仲間である緑黄色野菜。豊富に含まれているものはビタミンCでレモンの3個分です。風邪の予防に欠かせない栄養を含んでいます。

6.白ねぎ/低薬低化(3割)
古くから、関東では白い部分が好まれ、土をかぶせて栽培する根深ねぎが多く、関西では緑の葉先端まで食べられる、柔らかい葉ねぎ品種の「九条ねぎ」が多く流通しています。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.人参/低薬低化(3割)
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

12.ニラ/低薬低化
ニラはβカロテンやビタミンCをはじめ、カリウムや葉酸、食物繊維など、様々な栄養素をバランスよく含み、特に注目すべき栄養素は、ニラ特有の辛味成分である「アリシン」です!

13.ピーマン/低薬低化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

14.ちんげん菜/低薬低化
葉が肉厚でハリがあるものは、甘みが強く美味しい特徴です。カロテンが豊富で食物繊維も多い野菜で、便秘解消に役に立ち、悪玉コレステロールの形成防止に役に立ちます!

15.さつまいも低薬低化
さつまいもは食物繊維が多く含まれており、腸の状態を整える働きがあります。また、ビタミンCが多く含まれており、でんぷんにより加熱しても壊れにくいので加熱しても安心です。

——————————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

4月18日出荷分

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。
仕入れ担当の内野と申します。
4月18日出荷分お野菜の品目/栽培基準をご案内いたします。
※天候などの影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。

※個別でご対応させていただいているお客様は、同梱の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
※品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
.

1.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

2.レッドキャベツ/低薬低化
紫の色素は抗酸化作用のあるアントシアニンです。入れるだけでお料理が華やかになります。他の野菜に色移りするので、炒める時はさっとがおすすめ。ビタミンCや葉酸を多く含むため、妊婦さんにも良いです。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

5.ブロッコリー/低薬低化
ブロッコリーは、キャベツの仲間である緑黄色野菜。豊富に含まれているものはビタミンCでレモンの3個分です。風邪の予防に欠かせない栄養を含んでいます。

6.白ねぎ/低薬低化(3割)
古くから、関東では白い部分が好まれ、土をかぶせて栽培する根深ねぎが多く、関西では緑の葉先端まで食べられる、柔らかい葉ねぎ品種の「九条ねぎ」が多く流通しています。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

——————————————————————————

【13品目】

1.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

2.レッドキャベツ/低薬低化
紫の色素は抗酸化作用のあるアントシアニンです。入れるだけでお料理が華やかになります。他の野菜に色移りするので、炒める時はさっとがおすすめ。ビタミンCや葉酸を多く含むため、妊婦さんにも良いです。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

5.ブロッコリー/低薬低化
ブロッコリーは、キャベツの仲間である緑黄色野菜。豊富に含まれているものはビタミンCでレモンの3個分です。風邪の予防に欠かせない栄養を含んでいます。

6.白ねぎ/低薬低化(3割)
古くから、関東では白い部分が好まれ、土をかぶせて栽培する根深ねぎが多く、関西では緑の葉先端まで食べられる、柔らかい葉ねぎ品種の「九条ねぎ」が多く流通しています。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.人参/低薬低化(3割)
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

12.ニラ/低薬低化
ニラはβカロテンやビタミンCをはじめ、カリウムや葉酸、食物繊維など、様々な栄養素をバランスよく含み、特に注目すべき栄養素は、ニラ特有の辛味成分である「アリシン」です!

13.ピーマン/低薬低化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

—————————————————————————

【15品目】

1.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

2.レッドキャベツ/低薬低化
紫の色素は抗酸化作用のあるアントシアニンです。入れるだけでお料理が華やかになります。他の野菜に色移りするので、炒める時はさっとがおすすめ。ビタミンCや葉酸を多く含むため、妊婦さんにも良いです。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

5.ブロッコリー/低薬低化
ブロッコリーは、キャベツの仲間である緑黄色野菜。豊富に含まれているものはビタミンCでレモンの3個分です。風邪の予防に欠かせない栄養を含んでいます。

6.白ねぎ/低薬低化(3割)
古くから、関東では白い部分が好まれ、土をかぶせて栽培する根深ねぎが多く、関西では緑の葉先端まで食べられる、柔らかい葉ねぎ品種の「九条ねぎ」が多く流通しています。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.人参/低薬低化(3割)
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

12.ニラ/低薬低化
ニラはβカロテンやビタミンCをはじめ、カリウムや葉酸、食物繊維など、様々な栄養素をバランスよく含み、特に注目すべき栄養素は、ニラ特有の辛味成分である「アリシン」です!

13.ピーマン/低薬低化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

14.ちんげん菜/低薬低化
葉が肉厚でハリがあるものは、甘みが強く美味しい特徴です。カロテンが豊富で食物繊維も多い野菜で、便秘解消に役に立ち、悪玉コレステロールの形成防止に役に立ちます!

15.さつまいも低薬低化
さつまいもは食物繊維が多く含まれており、腸の状態を整える働きがあります。また、ビタミンCが多く含まれており、でんぷんにより加熱しても壊れにくいので加熱しても安心です。

——————————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

4月16日出荷分

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。
仕入れ担当の内野と申します。
4月16日出荷分お野菜の品目/栽培基準をご案内いたします。
※天候などの影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。

※個別でご対応させていただいているお客様は、同梱の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
※品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
.

1.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

2.レッドキャベツ/低薬低化
紫の色素は抗酸化作用のあるアントシアニンです。入れるだけでお料理が華やかになります。他の野菜に色移りするので、炒める時はさっとがおすすめ。ビタミンCや葉酸を多く含むため、妊婦さんにも良いです。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

5.ブロッコリー/低薬低化
ブロッコリーは、キャベツの仲間である緑黄色野菜。豊富に含まれているものはビタミンCでレモンの3個分です。風邪の予防に欠かせない栄養を含んでいます。

6.白ねぎ/低薬低化(3割)
古くから、関東では白い部分が好まれ、土をかぶせて栽培する根深ねぎが多く、関西では緑の葉先端まで食べられる、柔らかい葉ねぎ品種の「九条ねぎ」が多く流通しています。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

——————————————————————————

【13品目】

1.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

2.レッドキャベツ/低薬低化
紫の色素は抗酸化作用のあるアントシアニンです。入れるだけでお料理が華やかになります。他の野菜に色移りするので、炒める時はさっとがおすすめ。ビタミンCや葉酸を多く含むため、妊婦さんにも良いです。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

5.ブロッコリー/低薬低化
ブロッコリーは、キャベツの仲間である緑黄色野菜。豊富に含まれているものはビタミンCでレモンの3個分です。風邪の予防に欠かせない栄養を含んでいます。

6.白ねぎ/低薬低化(3割)
古くから、関東では白い部分が好まれ、土をかぶせて栽培する根深ねぎが多く、関西では緑の葉先端まで食べられる、柔らかい葉ねぎ品種の「九条ねぎ」が多く流通しています。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.人参/低薬低化(3割)
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

12.ニラ/低薬低化
ニラはβカロテンやビタミンCをはじめ、カリウムや葉酸、食物繊維など、様々な栄養素をバランスよく含み、特に注目すべき栄養素は、ニラ特有の辛味成分である「アリシン」です!

13.ピーマン/低薬低化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

—————————————————————————

【15品目】

1.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

2.レッドキャベツ/低薬低化
紫の色素は抗酸化作用のあるアントシアニンです。入れるだけでお料理が華やかになります。他の野菜に色移りするので、炒める時はさっとがおすすめ。ビタミンCや葉酸を多く含むため、妊婦さんにも良いです。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

5.ブロッコリー/低薬低化
ブロッコリーは、キャベツの仲間である緑黄色野菜。豊富に含まれているものはビタミンCでレモンの3個分です。風邪の予防に欠かせない栄養を含んでいます。

6.白ねぎ/低薬低化(3割)
古くから、関東では白い部分が好まれ、土をかぶせて栽培する根深ねぎが多く、関西では緑の葉先端まで食べられる、柔らかい葉ねぎ品種の「九条ねぎ」が多く流通しています。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.人参/低薬低化(3割)
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

12.ニラ/低薬低化
ニラはβカロテンやビタミンCをはじめ、カリウムや葉酸、食物繊維など、様々な栄養素をバランスよく含み、特に注目すべき栄養素は、ニラ特有の辛味成分である「アリシン」です!

13.ピーマン/低薬低化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

14.ちんげん菜/低薬低化
葉が肉厚でハリがあるものは、甘みが強く美味しい特徴です。カロテンが豊富で食物繊維も多い野菜で、便秘解消に役に立ち、悪玉コレステロールの形成防止に役に立ちます!

15.さつまいも低薬低化
さつまいもは食物繊維が多く含まれており、腸の状態を整える働きがあります。また、ビタミンCが多く含まれており、でんぷんにより加熱しても壊れにくいので加熱しても安心です。

——————————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

4月15日出荷分

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。
仕入れ担当の内野と申します。
4月15日出荷分お野菜の品目/栽培基準をご案内いたします。
※天候などの影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。

※個別でご対応させていただいているお客様は、同梱の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
※品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
.

1.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

2.レッドキャベツ/低薬低化
紫の色素は抗酸化作用のあるアントシアニンです。入れるだけでお料理が華やかになります。他の野菜に色移りするので、炒める時はさっとがおすすめ。ビタミンCや葉酸を多く含むため、妊婦さんにも良いです。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

5.ブロッコリー/低薬低化
ブロッコリーは、キャベツの仲間である緑黄色野菜。豊富に含まれているものはビタミンCでレモンの3個分です。風邪の予防に欠かせない栄養を含んでいます。

6.白ねぎ/低薬低化(3割)
古くから、関東では白い部分が好まれ、土をかぶせて栽培する根深ねぎが多く、関西では緑の葉先端まで食べられる、柔らかい葉ねぎ品種の「九条ねぎ」が多く流通しています。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

——————————————————————————

【13品目】

1.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

2.レッドキャベツ/低薬低化
紫の色素は抗酸化作用のあるアントシアニンです。入れるだけでお料理が華やかになります。他の野菜に色移りするので、炒める時はさっとがおすすめ。ビタミンCや葉酸を多く含むため、妊婦さんにも良いです。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

5.ブロッコリー/低薬低化
ブロッコリーは、キャベツの仲間である緑黄色野菜。豊富に含まれているものはビタミンCでレモンの3個分です。風邪の予防に欠かせない栄養を含んでいます。

6.白ねぎ/低薬低化(3割)
古くから、関東では白い部分が好まれ、土をかぶせて栽培する根深ねぎが多く、関西では緑の葉先端まで食べられる、柔らかい葉ねぎ品種の「九条ねぎ」が多く流通しています。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.人参/低薬低化(3割)
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

12.ニラ/低薬低化
ニラはβカロテンやビタミンCをはじめ、カリウムや葉酸、食物繊維など、様々な栄養素をバランスよく含み、特に注目すべき栄養素は、ニラ特有の辛味成分である「アリシン」です!

13.ピーマン/低薬低化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

—————————————————————————

【15品目】

1.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

2.レッドキャベツ/低薬低化
紫の色素は抗酸化作用のあるアントシアニンです。入れるだけでお料理が華やかになります。他の野菜に色移りするので、炒める時はさっとがおすすめ。ビタミンCや葉酸を多く含むため、妊婦さんにも良いです。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

5.ブロッコリー/低薬低化
ブロッコリーは、キャベツの仲間である緑黄色野菜。豊富に含まれているものはビタミンCでレモンの3個分です。風邪の予防に欠かせない栄養を含んでいます。

6.白ねぎ/低薬低化(3割)
古くから、関東では白い部分が好まれ、土をかぶせて栽培する根深ねぎが多く、関西では緑の葉先端まで食べられる、柔らかい葉ねぎ品種の「九条ねぎ」が多く流通しています。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.人参/低薬低化(3割)
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

12.ニラ/低薬低化
ニラはβカロテンやビタミンCをはじめ、カリウムや葉酸、食物繊維など、様々な栄養素をバランスよく含み、特に注目すべき栄養素は、ニラ特有の辛味成分である「アリシン」です!

13.ピーマン/低薬低化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

14.ちんげん菜/低薬低化
葉が肉厚でハリがあるものは、甘みが強く美味しい特徴です。カロテンが豊富で食物繊維も多い野菜で、便秘解消に役に立ち、悪玉コレステロールの形成防止に役に立ちます!

15.さつまいも低薬低化
さつまいもは食物繊維が多く含まれており、腸の状態を整える働きがあります。また、ビタミンCが多く含まれており、でんぷんにより加熱しても壊れにくいので加熱しても安心です。

——————————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

4月12日 出荷分

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。
仕入れ担当の内野と申します。
4月12日 出荷分お野菜の品目/栽培基準をご案内いたします。
※天候などの影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。

※個別でご対応させていただいているお客様は、同梱の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
※品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
.

1.阿蘇麓サンチュ(赤または緑)/低薬低化(3割)
サンチュのβーカロテンはレタスの約30倍近くあります。焼肉を一緒に食べるとコレステロールの摂り過ぎを防止する効果があるなんて最強の相性ですね!

2.大葉/低薬低化
ビタミン・ミネラル類が多く、特にカロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜の中でもトップクラスです。葉をより細かく刻むことで、香り成分が高くなり抗酸化作用が高まります。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.ちんげん菜/低薬低化(3割)
葉が肉厚でハリがあるものは、甘みが強く美味しい特徴です。カロテンが豊富で食物繊維も多い野菜で、便秘解消に役に立ち、悪玉コレステロールの形成防止に役に立ちます!

5.人参/低薬低化
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

6.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

——————————————————————————

【13品目】

1.阿蘇麓サンチュ(赤または緑)/低薬低化(3割)
サンチュのβーカロテンはレタスの約30倍近くあります。焼肉を一緒に食べるとコレステロールの摂り過ぎを防止する効果があるなんて最強の相性ですね!

2.大葉/低薬低化
ビタミン・ミネラル類が多く、特にカロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜の中でもトップクラスです。葉をより細かく刻むことで、香り成分が高くなり抗酸化作用が高まります。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.ちんげん菜/低薬低化(3割)
葉が肉厚でハリがあるものは、甘みが強く美味しい特徴です。カロテンが豊富で食物繊維も多い野菜で、便秘解消に役に立ち、悪玉コレステロールの形成防止に役に立ちます!

5.人参/低薬低化
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

6.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.サニーレタス/低薬低化(3割)
カロテンが豊富で、カルシウム、食物繊維が多く便秘改善に役立ちます。サンチュと同じようにお肉に巻いて食べるのも食感もよくおすすめです!

12.ニラ/低薬低化
ニラはβカロテンやビタミンCをはじめ、カリウムや葉酸、食物繊維など、様々な栄養素をバランスよく含み、特に注目すべき栄養素は、ニラ特有の辛味成分である「アリシン」です!

13.グリーンアスパラガス/低薬低化
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

—————————————————————————

【15品目】

1.阿蘇麓サンチュ(赤または緑)/低薬低化(3割)
サンチュのβーカロテンはレタスの約30倍近くあります。焼肉を一緒に食べるとコレステロールの摂り過ぎを防止する効果があるなんて最強の相性ですね!

2.大葉/低薬低化
ビタミン・ミネラル類が多く、特にカロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜の中でもトップクラスです。葉をより細かく刻むことで、香り成分が高くなり抗酸化作用が高まります。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.ちんげん菜/低薬低化(3割)
葉が肉厚でハリがあるものは、甘みが強く美味しい特徴です。カロテンが豊富で食物繊維も多い野菜で、便秘解消に役に立ち、悪玉コレステロールの形成防止に役に立ちます!

5.人参/低薬低化
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

6.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.サニーレタス/低薬低化(3割)
カロテンが豊富で、カルシウム、食物繊維が多く便秘改善に役立ちます。サンチュと同じようにお肉に巻いて食べるのも食感もよくおすすめです!

12.ニラ/低薬低化
ニラはβカロテンやビタミンCをはじめ、カリウムや葉酸、食物繊維など、様々な栄養素をバランスよく含み、特に注目すべき栄養素は、ニラ特有の辛味成分である「アリシン」です!

13.グリーンアスパラガス/低薬低化
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

14.菊芋/低薬低化
生の菊芋にはのイヌリンが含豊富に含まれていますこのイヌリンは血糖値の異常によっておこる 糖尿病などに良い影響を与えるとされています。生でも食べれるのでサラダもおすすめです。

15.さつまいも低薬低化
さつまいもは食物繊維が多く含まれており、腸の状態を整える働きがあります。また、ビタミンCが多く含まれており、でんぷんにより加熱しても壊れにくいので加熱しても安心です。

——————————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

4月11日出荷分

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。
仕入れ担当の内野と申します。
4月11日出荷分お野菜の品目/栽培基準をご案内いたします。
※天候などの影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。

※個別でご対応させていただいているお客様は、同梱の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
※品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
.

1.阿蘇麓サンチュ(赤または緑)/低薬低化(3割)
サンチュのβーカロテンはレタスの約30倍近くあります。焼肉を一緒に食べるとコレステロールの摂り過ぎを防止する効果があるなんて最強の相性ですね!

2.大葉/低薬低化
ビタミン・ミネラル類が多く、特にカロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜の中でもトップクラスです。葉をより細かく刻むことで、香り成分が高くなり抗酸化作用が高まります。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.ちんげん菜/低薬低化(3割)
葉が肉厚でハリがあるものは、甘みが強く美味しい特徴です。カロテンが豊富で食物繊維も多い野菜で、便秘解消に役に立ち、悪玉コレステロールの形成防止に役に立ちます!

5.人参/低薬低化
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

6.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

——————————————————————————

【13品目】

1.阿蘇麓サンチュ(赤または緑)/低薬低化(3割)
サンチュのβーカロテンはレタスの約30倍近くあります。焼肉を一緒に食べるとコレステロールの摂り過ぎを防止する効果があるなんて最強の相性ですね!

2.大葉/低薬低化
ビタミン・ミネラル類が多く、特にカロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜の中でもトップクラスです。葉をより細かく刻むことで、香り成分が高くなり抗酸化作用が高まります。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.ちんげん菜/低薬低化(3割)
葉が肉厚でハリがあるものは、甘みが強く美味しい特徴です。カロテンが豊富で食物繊維も多い野菜で、便秘解消に役に立ち、悪玉コレステロールの形成防止に役に立ちます!

5.人参/低薬低化
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

6.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.サニーレタス/低薬低化(3割)
カロテンが豊富で、カルシウム、食物繊維が多く便秘改善に役立ちます。サンチュと同じようにお肉に巻いて食べるのも食感もよくおすすめです!

12.ニラ/低薬低化
ニラはβカロテンやビタミンCをはじめ、カリウムや葉酸、食物繊維など、様々な栄養素をバランスよく含み、特に注目すべき栄養素は、ニラ特有の辛味成分である「アリシン」です!

13.グリーンアスパラガス/低薬低化
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

—————————————————————————

【15品目】

1.阿蘇麓サンチュ(赤または緑)/低薬低化(3割)
サンチュのβーカロテンはレタスの約30倍近くあります。焼肉を一緒に食べるとコレステロールの摂り過ぎを防止する効果があるなんて最強の相性ですね!

2.大葉/低薬低化
ビタミン・ミネラル類が多く、特にカロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜の中でもトップクラスです。葉をより細かく刻むことで、香り成分が高くなり抗酸化作用が高まります。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.ちんげん菜/低薬低化(3割)
葉が肉厚でハリがあるものは、甘みが強く美味しい特徴です。カロテンが豊富で食物繊維も多い野菜で、便秘解消に役に立ち、悪玉コレステロールの形成防止に役に立ちます!

5.人参/低薬低化
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

6.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.サニーレタス/低薬低化(3割)
カロテンが豊富で、カルシウム、食物繊維が多く便秘改善に役立ちます。サンチュと同じようにお肉に巻いて食べるのも食感もよくおすすめです!

12.ニラ/低薬低化
ニラはβカロテンやビタミンCをはじめ、カリウムや葉酸、食物繊維など、様々な栄養素をバランスよく含み、特に注目すべき栄養素は、ニラ特有の辛味成分である「アリシン」です!

13.グリーンアスパラガス/低薬低化
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

14.菊芋/低薬低化
生の菊芋にはのイヌリンが含豊富に含まれていますこのイヌリンは血糖値の異常によっておこる 糖尿病などに良い影響を与えるとされています。生でも食べれるのでサラダもおすすめです。

15.さつまいも低薬低化
さつまいもは食物繊維が多く含まれており、腸の状態を整える働きがあります。また、ビタミンCが多く含まれており、でんぷんにより加熱しても壊れにくいので加熱しても安心です。

——————————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

4月9日出荷分

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。
仕入れ担当の内野と申します。
4月9日出荷分お野菜の品目/栽培基準をご案内いたします。
※天候などの影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。

※個別でご対応させていただいているお客様は、同梱の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
※品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
.

1.阿蘇麓サンチュ(赤または緑)/低薬低化(3割)
サンチュのβーカロテンはレタスの約30倍近くあります。焼肉を一緒に食べるとコレステロールの摂り過ぎを防止する効果があるなんて最強の相性ですね!

2.大葉/低薬低化
ビタミン・ミネラル類が多く、特にカロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜の中でもトップクラスです。葉をより細かく刻むことで、香り成分が高くなり抗酸化作用が高まります。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.キャベツ/低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

5.セロリ/低薬低化
ナトリウム(塩分)を排泄する役割のある「カリウム」を多く含んでおり、むくみ防止や高血圧に効果があります。また特徴的な香りにはイライラを和らげ、精神を落ち着かせる働きがあると言われています。

6.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

——————————————————————————

【13品目】

1.阿蘇麓サンチュ(赤または緑)/低薬低化(3割)
サンチュのβーカロテンはレタスの約30倍近くあります。焼肉を一緒に食べるとコレステロールの摂り過ぎを防止する効果があるなんて最強の相性ですね!

2.大葉/低薬低化
ビタミン・ミネラル類が多く、特にカロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜の中でもトップクラスです。葉をより細かく刻むことで、香り成分が高くなり抗酸化作用が高まります。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.キャベツ/低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

5.セロリ/低薬低化
ナトリウム(塩分)を排泄する役割のある「カリウム」を多く含んでおり、むくみ防止や高血圧に効果があります。また特徴的な香りにはイライラを和らげ、精神を落ち着かせる働きがあると言われています。

6.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.サニーレタス/低薬低化(3割)
カロテンが豊富で、カルシウム、食物繊維が多く便秘改善に役立ちます。サンチュと同じようにお肉に巻いて食べるのも食感もよくおすすめです!

12.ニラ/低薬低化
ニラはβカロテンやビタミンCをはじめ、カリウムや葉酸、食物繊維など、様々な栄養素をバランスよく含み、特に注目すべき栄養素は、ニラ特有の辛味成分である「アリシン」です!

13.グリーンアスパラガス/低薬低化
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

—————————————————————————

【15品目】

1.阿蘇麓サンチュ(赤または緑)/低薬低化(3割)
サンチュのβーカロテンはレタスの約30倍近くあります。焼肉を一緒に食べるとコレステロールの摂り過ぎを防止する効果があるなんて最強の相性ですね!

2.大葉/低薬低化
ビタミン・ミネラル類が多く、特にカロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜の中でもトップクラスです。葉をより細かく刻むことで、香り成分が高くなり抗酸化作用が高まります。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.キャベツ/低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

5.セロリ/低薬低化
ナトリウム(塩分)を排泄する役割のある「カリウム」を多く含んでおり、むくみ防止や高血圧に効果があります。また特徴的な香りにはイライラを和らげ、精神を落ち着かせる働きがあると言われています。

6.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.サニーレタス/低薬低化(3割)
カロテンが豊富で、カルシウム、食物繊維が多く便秘改善に役立ちます。サンチュと同じようにお肉に巻いて食べるのも食感もよくおすすめです!

12.ニラ/低薬低化
ニラはβカロテンやビタミンCをはじめ、カリウムや葉酸、食物繊維など、様々な栄養素をバランスよく含み、特に注目すべき栄養素は、ニラ特有の辛味成分である「アリシン」です!

13.グリーンアスパラガス/低薬低化
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

14.菊芋/低薬低化
生の菊芋にはのイヌリンが含豊富に含まれていますこのイヌリンは血糖値の異常によっておこる 糖尿病などに良い影響を与えるとされています。生でも食べれるのでサラダもおすすめです。

15.ピーマン/低薬低化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

——————————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

4月8日出荷分

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。
仕入れ担当の内野と申します。
4月8日出荷分お野菜の品目/栽培基準をご案内いたします。
※天候などの影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。

※個別でご対応させていただいているお客様は、同梱の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
※品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
.

1.阿蘇麓サンチュ(赤または緑)/低薬低化(3割)
サンチュのβーカロテンはレタスの約30倍近くあります。焼肉を一緒に食べるとコレステロールの摂り過ぎを防止する効果があるなんて最強の相性ですね!

2.大葉/低薬低化
ビタミン・ミネラル類が多く、特にカロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜の中でもトップクラスです。葉をより細かく刻むことで、香り成分が高くなり抗酸化作用が高まります。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.キャベツ/低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

5.セロリ/低薬低化
ナトリウム(塩分)を排泄する役割のある「カリウム」を多く含んでおり、むくみ防止や高血圧に効果があります。また特徴的な香りにはイライラを和らげ、精神を落ち着かせる働きがあると言われています。

6.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

——————————————————————————

【13品目】

1.阿蘇麓サンチュ(赤または緑)/低薬低化(3割)
サンチュのβーカロテンはレタスの約30倍近くあります。焼肉を一緒に食べるとコレステロールの摂り過ぎを防止する効果があるなんて最強の相性ですね!

2.大葉/低薬低化
ビタミン・ミネラル類が多く、特にカロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜の中でもトップクラスです。葉をより細かく刻むことで、香り成分が高くなり抗酸化作用が高まります。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.キャベツ/低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

5.セロリ/低薬低化
ナトリウム(塩分)を排泄する役割のある「カリウム」を多く含んでおり、むくみ防止や高血圧に効果があります。また特徴的な香りにはイライラを和らげ、精神を落ち着かせる働きがあると言われています。

6.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.サニーレタス/低薬低化(3割)
カロテンが豊富で、カルシウム、食物繊維が多く便秘改善に役立ちます。サンチュと同じようにお肉に巻いて食べるのも食感もよくおすすめです!

12.ニラ/低薬低化
ニラはβカロテンやビタミンCをはじめ、カリウムや葉酸、食物繊維など、様々な栄養素をバランスよく含み、特に注目すべき栄養素は、ニラ特有の辛味成分である「アリシン」です!

13.グリーンアスパラガス/低薬低化
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

—————————————————————————

【15品目】

1.阿蘇麓サンチュ(赤または緑)/低薬低化(3割)
サンチュのβーカロテンはレタスの約30倍近くあります。焼肉を一緒に食べるとコレステロールの摂り過ぎを防止する効果があるなんて最強の相性ですね!

2.大葉/低薬低化
ビタミン・ミネラル類が多く、特にカロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜の中でもトップクラスです。葉をより細かく刻むことで、香り成分が高くなり抗酸化作用が高まります。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.キャベツ/低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

5.セロリ/低薬低化
ナトリウム(塩分)を排泄する役割のある「カリウム」を多く含んでおり、むくみ防止や高血圧に効果があります。また特徴的な香りにはイライラを和らげ、精神を落ち着かせる働きがあると言われています。

6.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.サニーレタス/低薬低化(3割)
カロテンが豊富で、カルシウム、食物繊維が多く便秘改善に役立ちます。サンチュと同じようにお肉に巻いて食べるのも食感もよくおすすめです!

12.ニラ/低薬低化
ニラはβカロテンやビタミンCをはじめ、カリウムや葉酸、食物繊維など、様々な栄養素をバランスよく含み、特に注目すべき栄養素は、ニラ特有の辛味成分である「アリシン」です!

13.グリーンアスパラガス/低薬低化
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

14.菊芋/低薬低化
生の菊芋にはのイヌリンが含豊富に含まれていますこのイヌリンは血糖値の異常によっておこる 糖尿病などに良い影響を与えるとされています。生でも食べれるのでサラダもおすすめです。

15.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

——————————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

4月5日 出荷分

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。
仕入れ担当の内野と申します。
4月5日 出荷分お野菜の品目/栽培基準をご案内いたします。
※天候などの影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。

※個別でご対応させていただいているお客様は、同梱の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
※品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
.

1.タイニーシュシュ/低薬低化(3割)
使い切りサイズのミニ白菜です。普通の白菜よりも柔らかく甘みがあるので、生でも食べられます。ガン予防に効果的なジチオールチオニンという栄養素が豊富なので、たくさん食べたいですね。

2.セロリ/低薬低化
ナトリウム(塩分)を排泄する役割のある「カリウム」を多く含んでおり、むくみ防止や高血圧に効果があります。また特徴的な香りにはイライラを和らげ、精神を落ち着かせる働きがあると言われています。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

5.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

6.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

7.アイコミニトマト/低薬低化
通常のトマトの2倍のリコピンを含む、プラム型のミニトマト。黄色と赤色2種類あります。ごま油やピーナッツオイルでじゃがいも・ブロッコリー・にんにくと炒めると活性酸素除去効果があります。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.白ねぎ/低薬低化(3割)
古くから、関東では白い部分が好まれ、土をかぶせて栽培する根深ねぎが多く、関西では緑の葉先端まで食べられる、柔らかい葉ねぎ品種の「九条ねぎ」が多く流通しています。

——————————————————————————

【13品目】

1.タイニーシュシュ/低薬低化(3割)
使い切りサイズのミニ白菜です。普通の白菜よりも柔らかく甘みがあるので、生でも食べられます。ガン予防に効果的なジチオールチオニンという栄養素が豊富なので、たくさん食べたいですね。

2.セロリ/低薬低化
ナトリウム(塩分)を排泄する役割のある「カリウム」を多く含んでおり、むくみ防止や高血圧に効果があります。また特徴的な香りにはイライラを和らげ、精神を落ち着かせる働きがあると言われています。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

5.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

6.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

7.アイコミニトマト/低薬低化
通常のトマトの2倍のリコピンを含む、プラム型のミニトマト。黄色と赤色2種類あります。ごま油やピーナッツオイルでじゃがいも・ブロッコリー・にんにくと炒めると活性酸素除去効果があります。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.白ねぎ/低薬低化(3割)
古くから、関東では白い部分が好まれ、土をかぶせて栽培する根深ねぎが多く、関西では緑の葉先端まで食べられる、柔らかい葉ねぎ品種の「九条ねぎ」が多く流通しています。

11.キャベツ /低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

12.人参/低薬低化
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

13.阿蘇麓サンチュ(赤または緑)/低薬低化(3割)
サンチュのβーカロテンはレタスの約30倍近くあります。焼肉を一緒に食べるとコレステロールの摂り過ぎを防止する効果があるなんて最強の相性ですね!

—————————————————————————

【15品目】

1.サニーレタス/低薬低化(3割)
カロテンが豊富で、カルシウム、食物繊維が多く便秘改善に役立ちます。サンチュと同じようにお肉に巻いて食べるのも食感もよくおすすめです!

2.ちんげん菜/低薬低化
葉が肉厚でハリがあるものは、甘みが強く美味しい特徴です。カロテンが豊富で食物繊維も多い野菜で、便秘解消に役に立ち、悪玉コレステロールの形成防止に役に立ちます!

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.生きくらげ/不薬不化
現代人には不足しがちと言われている「食物繊維」が豊富なきのこです!生のきくらげは炒めるか火を通して、中華炒めなどが美味しくお召し上がりいただけます♪

5.グリーンアスパラガス/低薬低化
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

6.ピーマン/低薬低化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.さつまいも/低薬低化
さつまいもは食物繊維が多く含まれており、腸の状態を整える働きがあります。また、ビタミンCが多く含まれており、でんぷんにより加熱しても壊れにくいので加熱しても安心です。

12.人参/低薬低化
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

13.大葉/低薬低化
ビタミン・ミネラル類が多く、特にカロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜の中でもトップクラスです。葉をより細かく刻むことで、香り成分が高くなり抗酸化作用が高まります。

14.キャベツ /低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

15.阿蘇麓サンチュ(赤または緑)/低薬低化(3割)
サンチュのβーカロテンはレタスの約30倍近くあります。焼肉を一緒に食べるとコレステロールの摂り過ぎを防止する効果があるなんて最強の相性ですね!

——————————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

4月4日 出荷分

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。
仕入れ担当の内野と申します。
4月4日 出荷分お野菜の品目/栽培基準をご案内いたします。
※天候などの影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。

※個別でご対応させていただいているお客様は、同梱の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
※品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
.

1.タイニーシュシュ/低薬低化(3割)
使い切りサイズのミニ白菜です。普通の白菜よりも柔らかく甘みがあるので、生でも食べられます。ガン予防に効果的なジチオールチオニンという栄養素が豊富なので、たくさん食べたいですね。

2.セロリ/低薬低化
ナトリウム(塩分)を排泄する役割のある「カリウム」を多く含んでおり、むくみ防止や高血圧に効果があります。また特徴的な香りにはイライラを和らげ、精神を落ち着かせる働きがあると言われています。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

5.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

6.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

7.アイコミニトマト/低薬低化
通常のトマトの2倍のリコピンを含む、プラム型のミニトマト。黄色と赤色2種類あります。ごま油やピーナッツオイルでじゃがいも・ブロッコリー・にんにくと炒めると活性酸素除去効果があります。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.白ねぎ/低薬低化(3割)
古くから、関東では白い部分が好まれ、土をかぶせて栽培する根深ねぎが多く、関西では緑の葉先端まで食べられる、柔らかい葉ねぎ品種の「九条ねぎ」が多く流通しています。

——————————————————————————

【13品目】

1.タイニーシュシュ/低薬低化(3割)
使い切りサイズのミニ白菜です。普通の白菜よりも柔らかく甘みがあるので、生でも食べられます。ガン予防に効果的なジチオールチオニンという栄養素が豊富なので、たくさん食べたいですね。

2.セロリ/低薬低化
ナトリウム(塩分)を排泄する役割のある「カリウム」を多く含んでおり、むくみ防止や高血圧に効果があります。また特徴的な香りにはイライラを和らげ、精神を落ち着かせる働きがあると言われています。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

5.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

6.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

7.アイコミニトマト/低薬低化
通常のトマトの2倍のリコピンを含む、プラム型のミニトマト。黄色と赤色2種類あります。ごま油やピーナッツオイルでじゃがいも・ブロッコリー・にんにくと炒めると活性酸素除去効果があります。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.白ねぎ/低薬低化(3割)
古くから、関東では白い部分が好まれ、土をかぶせて栽培する根深ねぎが多く、関西では緑の葉先端まで食べられる、柔らかい葉ねぎ品種の「九条ねぎ」が多く流通しています。

11.キャベツ /低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

12.人参/低薬低化
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

13.阿蘇麓サンチュ(赤または緑)/低薬低化(3割)
サンチュのβーカロテンはレタスの約30倍近くあります。焼肉を一緒に食べるとコレステロールの摂り過ぎを防止する効果があるなんて最強の相性ですね!

—————————————————————————

【15品目】

1.サニーレタス/低薬低化(3割)
カロテンが豊富で、カルシウム、食物繊維が多く便秘改善に役立ちます。サンチュと同じようにお肉に巻いて食べるのも食感もよくおすすめです!

2.ちんげん菜/低薬低化
葉が肉厚でハリがあるものは、甘みが強く美味しい特徴です。カロテンが豊富で食物繊維も多い野菜で、便秘解消に役に立ち、悪玉コレステロールの形成防止に役に立ちます!

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.生きくらげ/不薬不化
現代人には不足しがちと言われている「食物繊維」が豊富なきのこです!生のきくらげは炒めるか火を通して、中華炒めなどが美味しくお召し上がりいただけます♪

5.グリーンアスパラガス/低薬低化
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

6.ピーマン/低薬低化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.さつまいも/低薬低化
さつまいもは食物繊維が多く含まれており、腸の状態を整える働きがあります。また、ビタミンCが多く含まれており、でんぷんにより加熱しても壊れにくいので加熱しても安心です。

12.人参/低薬低化
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

13.大葉/低薬低化
ビタミン・ミネラル類が多く、特にカロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜の中でもトップクラスです。葉をより細かく刻むことで、香り成分が高くなり抗酸化作用が高まります。

14.キャベツ /低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

15.阿蘇麓サンチュ(赤または緑)/低薬低化(3割)
サンチュのβーカロテンはレタスの約30倍近くあります。焼肉を一緒に食べるとコレステロールの摂り過ぎを防止する効果があるなんて最強の相性ですね!

——————————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

4月2日 出荷分

いつも九州野菜王国をご利用いただき誠にありがとうございます。
仕入れ担当の内野と申します。
4月2日 出荷分お野菜の品目/栽培基準をご案内いたします。
※天候などの影響により、品目の内容を当日にやむを得ず変更する場合がございます。
何卒ご了承下さいませ。

※個別でご対応させていただいているお客様は、同梱の『お届け野菜の品目のご案内』をご確認下さいませ。
※品目のご指定はできかねますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
.

1.タイニーシュシュ/低薬低化(3割)
使い切りサイズのミニ白菜です。普通の白菜よりも柔らかく甘みがあるので、生でも食べられます。ガン予防に効果的なジチオールチオニンという栄養素が豊富なので、たくさん食べたいですね。

2.セロリ/低薬低化
ナトリウム(塩分)を排泄する役割のある「カリウム」を多く含んでおり、むくみ防止や高血圧に効果があります。また特徴的な香りにはイライラを和らげ、精神を落ち着かせる働きがあると言われています。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

5.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

6.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

7.アイコミニトマト/低薬低化
通常のトマトの2倍のリコピンを含む、プラム型のミニトマト。黄色と赤色2種類あります。ごま油やピーナッツオイルでじゃがいも・ブロッコリー・にんにくと炒めると活性酸素除去効果があります。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.白ねぎ/低薬低化(3割)
古くから、関東では白い部分が好まれ、土をかぶせて栽培する根深ねぎが多く、関西では緑の葉先端まで食べられる、柔らかい葉ねぎ品種の「九条ねぎ」が多く流通しています。

——————————————————————————

【13品目】

1.タイニーシュシュ/低薬低化(3割)
使い切りサイズのミニ白菜です。普通の白菜よりも柔らかく甘みがあるので、生でも食べられます。ガン予防に効果的なジチオールチオニンという栄養素が豊富なので、たくさん食べたいですね。

2.セロリ/低薬低化
ナトリウム(塩分)を排泄する役割のある「カリウム」を多く含んでおり、むくみ防止や高血圧に効果があります。また特徴的な香りにはイライラを和らげ、精神を落ち着かせる働きがあると言われています。

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.菌床しいたけ/不薬不化
低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富なしいたけは、生活習慣病で悩む人におすすめ。すぐに使わないときは、天日干しすると細胞が壊れてビタミンDとうまみ成分のグアニル酸が、なんと10倍に!

5.ほうれん草/低薬低化(3割)
葉酸やマンガンや鉄分を豊富に含むので、ビタミンCやたんぱく質と食べ合わせると貧血防止に有効です。体内の異物を取り除き免疫細胞を活性化する作用があります。ゴマと一緒に摂るとさらに効果アップ!

6.パプリカ/低薬低化(3割)
カラフルな色に含まれる栄養素は、カテロイドに由来するもので、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や粘膜を保護する働きがあります。熱に強く、油との相性もいいのでマリネや炒め物に最適です。

7.アイコミニトマト/低薬低化
通常のトマトの2倍のリコピンを含む、プラム型のミニトマト。黄色と赤色2種類あります。ごま油やピーナッツオイルでじゃがいも・ブロッコリー・にんにくと炒めると活性酸素除去効果があります。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.白ねぎ/低薬低化(3割)
古くから、関東では白い部分が好まれ、土をかぶせて栽培する根深ねぎが多く、関西では緑の葉先端まで食べられる、柔らかい葉ねぎ品種の「九条ねぎ」が多く流通しています。

11.キャベツ /低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

12.人参/低薬低化
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

13.阿蘇麓サンチュ(赤または緑)/低薬低化(3割)
サンチュのβーカロテンはレタスの約30倍近くあります。焼肉を一緒に食べるとコレステロールの摂り過ぎを防止する効果があるなんて最強の相性ですね!

—————————————————————————

【15品目】

1.サニーレタス/低薬低化(3割)
カロテンが豊富で、カルシウム、食物繊維が多く便秘改善に役立ちます。サンチュと同じようにお肉に巻いて食べるのも食感もよくおすすめです!

2.ちんげん菜/低薬低化
葉が肉厚でハリがあるものは、甘みが強く美味しい特徴です。カロテンが豊富で食物繊維も多い野菜で、便秘解消に役に立ち、悪玉コレステロールの形成防止に役に立ちます!

3.白なす
普通の紫ナスに比べて果肉が柔らかく、みずみずしさも感じられます。特に加熱調理すると「とろける」ような、上質な滑らかさを楽しめます!

4.生きくらげ/不薬不化
現代人には不足しがちと言われている「食物繊維」が豊富なきのこです!生のきくらげは炒めるか火を通して、中華炒めなどが美味しくお召し上がりいただけます♪

5.グリーンアスパラガス/低薬低化
新陳代謝を活発にし、疲労を和らげるアスパラギン酸を多く含みます。穂先部分に多いルチンは毛細血管を強くし、ビタミンCの吸収を高めるため、サラダとして食べると◎。茹でるより蒸した方がよい。

6.ピーマン/低薬低化
ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。きのこ類やたまごと組み合わせると、美肌や老化防止の効果があります。緑の色素クロロフィルには、コレステロール値を下げる効果も!

7.ミディトマト/低薬低化(3割)
大玉とミニトマトを組み合わせ、品種改良を得て誕生した中玉種トマトの総称です。果皮、果肉共にしっかりとしている傾向にあります。一般的に栄養価は大玉より多く含まれているとされます。

8.ベビーリーフ/低薬低化
下ごしらえ不要でクセがなくて食べやすく、野菜の栄養がしっかり摂れることが人気です!いろいろな葉っぱが混ざっていれば、かむたびに食感が変わって、食べても飽きがきません♪

9.小松菜/低薬低化(3割)
小松菜はビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です!おひたしやあえ物で使えて、アクがなくさっぱりしていて、食感はシャキシャキしていて生でも食べられます。

10.新玉ねぎ/低薬低化(3割)
この時期だけの新玉ねぎ。良く血液をサラサラにすると言われますが、玉葱にはリンやカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富な野菜です。柔らかいので生のままがおすすめです!

11.さつまいも/低薬低化
さつまいもは食物繊維が多く含まれており、腸の状態を整える働きがあります。また、ビタミンCが多く含まれており、でんぷんにより加熱しても壊れにくいので加熱しても安心です。

12.人参/低薬低化
人参には、免疫力の強化や美肌に効果的な抗酸化作用のあるBカロテンが豊富に含まれていて、1本で1日に必要な量を摂取することができます。キャベツ、玉ねぎと組み合わせるとさらに効果UP!

13.大葉/低薬低化
ビタミン・ミネラル類が多く、特にカロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜の中でもトップクラスです。葉をより細かく刻むことで、香り成分が高くなり抗酸化作用が高まります。

14.キャベツ /低薬低化(3割)
胃酸の分泌を抑えるビタミンU・Kをたっぷり含んでいます。そのため、胃炎や胃潰瘍の改善に期待が出来ます。水溶性のため、煮込んだ場合はスープごといただきましょう。

15.阿蘇麓サンチュ(赤または緑)/低薬低化(3割)
サンチュのβーカロテンはレタスの約30倍近くあります。焼肉を一緒に食べるとコレステロールの摂り過ぎを防止する効果があるなんて最強の相性ですね!

——————————————————————————

お受け取りをよろしくお願いいたします。

メールでのお問い合わせ